アガートラムは蒼穹を撃つ 三日月学園機関甲冑部の軌跡 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アガートラムは蒼穹を撃つ 三日月学園機関甲冑部の軌跡 1

青春を懸けて夏空で競え!!
著者: 山口隼 (著者) / たかまる (イラスト)
シリーズ:「アガートラムは蒼穹を撃つ」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

空を飛ぶ鎧“機関甲冑”の開発により、簡単に空を楽しめる世界。そんな機関甲冑を身に纏って空で競い合う、流行のスポーツ“機関甲冑競技”。
高校2年生のHQ・松原優が、幼なじみでプレイヤーの少女・高坂凪と挑んだ全国大会は準優勝に終わった。
雪辱を果たすため、今度こそ優勝を誓う優たち。しかし、競技人数の変更による部員不足の結果、部は大会出場すら困難な状況に陥ってしまう。
一度は辞めたプレイヤー復帰の選択を迫られた優は、前回覇者であるフェリシアたちとも競い合いながら、再び全国の空を目指す――!
蒼穹に憧れた高校生たちの織り成す青春ストーリーが幕を開ける!

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    蒸気機関で動く巨大な甲冑の開発により人々が簡単に空を飛べる世界で、甲冑を用いた競技から離れていた少年が仲間と共に再び蒼穹を目指す物語。―――停滞を越えて挑め、あの蒼穹が君を待っている。巨大な壁を前にぶつかり合い逃げ挫け、それでもまた立ち上がって空を目指す。一度しかないこの瞬間を空を駆ける事に捧げ飛ぶ、ただ一言、熱いとしか言えぬ。そんな誰しもが心の中に持っている筈の熱に勢いよく点火し彼等の空へと誘ってくれる物語であり、これを熱く面白いと言わずして何というという見事な物語である。 勿論次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★☆ 一度心折れてる主人公。理屈屋で理論家なだけにここぞという時に踏ん張れず諦め逃げてしまう事に上手いこと理由付けして逃げ腰を糊塗してしまうので言い訳している事に自分ですら中々気づかず余計に足踏みしてたんだなあ。なまじ筋が通っているのがたちが悪い。気づいてなお克服出来ずに停滞して、気合と根性だけではままならず、ぶつかり合って拗れて衝突して、それでも乗り越えられたのはこれは幼馴染という比翼の時間の強みかねえ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 窓間

    ぶつかり合い、高め合い、目指すは蒼穹の果ての栄光ただ一つ。1年間を1冊にまとめてるだけあってページ数は多めだけれど流石に描写があっさりしていた箇所も少なからずあった。とはいえ1年間やってこその作品だししょがないか。読んでいてテンポが気になる文章もあったけど、試合のときの勢いある熱い描写は好き。ただ真っ直ぐな作品なだけにパロディは合わないかなあ。普通の会話でいいのに。総じて王道のスポ根もので楽しかった。大学、プロと高校の先の世界が示されてるのは珍しい。この先はどの舞台で蒼穹を駆けるのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • UtataneCircle

    とにかく真っ直ぐ蒼穹を求めるアツい作品。挑戦し誰しもがぶつかり、避け、挫折してしまう場面。ただひたすらに向き合う主人公たちに挑み続ける大事さを改めて学んだ。全体的に文章もすっきりしており、わかりやすい登場人物の立ち位置とキャラでとても読みやすかった。終盤の掛け合いは中々の畳み掛け。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リョウ

    ★★★☆☆ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル