剣神と魔帝の息子はダテじゃない 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

剣神と魔帝の息子はダテじゃない 2

世界一の腕前を持つ両親の才能を引き継ぎ、剣と魔法の力を極めたSSランク級冒険者のリュークのもとに、仕事の直接依頼が届く。なんと王国の宰相からで──!? 超規格外な力を持った少年の冒険、第2弾!!
著者: shiryu (著者) / 葉山えいし (イラスト)
シリーズ:剣神と魔帝の息子はダテじゃない(ダッシュエックス文庫DIGITAL)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

世界一の腕前を持つ両親の才能を引き継ぎ、剣と魔法の力を極めたSS級ランク冒険者のリュークのもとに、
名誉ある冒険者、強い冒険者の証でもあるとされる直接依頼が届く。その依頼主は、なんとサザンカ王国の宰相からだった!!
その歴代稀に見る『賢王』が統治する王国の緊急的な依頼とは――!?
そして、不安を抱えつつ向かった王都は、国王が退位するという話で混乱が起きていた。さらに城で明かされる騒動の真相と衝撃の事実――。
国を騒がす原因の呪いを解くため、リュークたちは魔物ですら住めず、漂う空気を吸っただけでも死に至るとされる毒の沼・ラミウムの湖に向かう!!
はたして、そこに潜む蛇の王バジリスクを倒し、依頼を達成することはできるのか!? 超規格外な力を持った少年の冒険、第2弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    王国の宰相からの直接依頼がリュークへ届き、国を揺るがす呪いの解決へ向け奔走する今巻。―――世界は広くて未知ばかり、故に全てが面白い。見た事もない、未知の呪い。初めて出会う、一番の強敵。次々と初めてがリュークの前に現れ、彼が楽し気に笑ったりしながら立ち向かう今巻。全体的には本格的に世界観を始動させる巻であり、舞台の裏で動く黒幕もその影をちらりと見せる、ここからが本当の始まりと言える面白さがある巻である。一つの事件を解決せど失ったもの。果たしてリュークが次に立ち向かう事態とは。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK