現実主義勇者の王国再建記 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

現実主義勇者の王国再建記 9

俺は「英雄」にはならない
著者: どぜう丸 (著者) / 冬ゆき (イラスト)
シリーズ:「現実主義勇者の王国再建記」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

俺は「英雄」にはならない

東方諸国連合で魔浪(まなみ)の対処にあたるソーマは、激戦地のチマ公国へ東進を決める。
チマ公国は戦功を立てた国へ優秀な六人の兄弟姉妹を家臣として供出する約束で援軍を集めていたが、戦況は膠着状態であった。
チマ公国への道中、ソーマは遊牧国家マルムキタンの王フウガと出会う。
フウガの目的もチマ公国の救援と知ったソーマは行動を共にするが、戦功第一位を狙うフウガにとってソーマは六人の兄弟姉妹を争奪し合う敵でもある。
驚異的な武力を誇示するフウガに、ソーマはどう立ち回るのか――!?
革新的な異世界内政ファンタジー、第9巻!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    魔浪(まなみ)の対処にあたるため東方諸国連合の激戦地のチマ公国へ東進を決めるたソーマたち。戦況が膠着状態に陥っているチマ公国で遊牧国家マルムキタンの王フウガと出会う第九弾。東方諸国連合の統一を目指すフウガの志とその驚異的な武力。優秀な六人の兄弟姉妹を家臣として供出する約束で援軍を集めていたチマ公国の話はソーマらしい結末でしたけど、ようやく子供が生まれた一方で、周辺地域にもいろいろな動きが出てきていて、ポイントとなりそうなフウガとの関係が今後協力関係となるのか、敵対関係となるのか気になるところではあります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    呂布みたいな草原の英雄。それが後々の災いになるって感じかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Susumu Miki(Dik-dik)

    魔浪への対応のための東方諸国連合への遠征は前巻から続き、戦地はチマ公国へ。どうやら東方諸国連合は各国の王侯貴族の縁組が網の目のように広がった中世ヨーロッパのような趣になっている様子。そしてそんな東方諸国連合に一迅の風を起こす存在となるのか、シリーズを通して今後ライバルとなりそうなフウガ・ハーン登場!(戦記や建国記の類はそうなるということはわかってはいるんだけど、本作もどんどん登場人物が増えていきます…。) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    激戦地の、個性的な六兄弟がいる国へ進む中、覇道を志す草原の英雄、フウガと邂逅する今巻。―――新たな英雄が齎すは変遷の光か、破滅の業火か。 驚異的な武力とカリスマ、そして大いなる野望。ソーマとは別の形で大成した若き王、フウガ。敵か味方か、確実に動乱を齎すであろう英雄が舞台に上がる今巻。 更に登場人物が増え家臣も増え、世界が混迷を深める中、ソーマは父親となる。そんな熱さと温かさが溢れる中で世界が更に動き出す、新たな動乱の予感が舞台を揺らす巻である。次の動乱は如何なる形で起きるのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • dorimusi

    図書館本 チマ公国でお絵描きさんをゲット。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK