グラウスタンディア皇国物語 0
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

グラウスタンディア皇国物語 0

著者: 内堀優一 (著) / 野崎つばた (イラスト)
シリーズ:グラウスタンディア皇国物語(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

優しい両親と可愛い妹と共に、山で慎ましく暮らしていた七歳の少年。彼の運命は、山の神への生贄に選ばれたことで一変した。たった十日ですべてを失った少年は、やがて皇国の軍師に拾われ、数多の戦場を駆け抜け、その才能を開花させていく。少年の名前はクロム――後に皇国で最強の軍師と謳われる男である。英雄軍師の過去を描く本編前日譚!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    両親や妹と共に山で暮らしていた七歳の少年クロムがたった十日ですべてを失い、やがて皇国の軍師に拾われて数多の戦場を駆け抜け、その才能を開花させていく本編の前日譚。自らではどうしようもなかった悲劇に直面し、その才能の片鱗を感じさせながらも、人としての感情をなかなか取り戻せなかったクロムが多くの人たちと出会い、彼を想う優しさに触れることで立ち直って成長していく姿がよく伝わってきたエピソードでした。悲劇的展開も多かった分、ほっこりとした気分になれたフィフニスの意外な出会いが描かれた巻末の短編はとても良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナカショー

    0巻ということでクロムの幼少期がメインの巻。壮絶という言葉が非常にピッタリな雰囲気でした。その分ユースティナの包容力が素晴らしかったです。包容力があるヒロインは素晴らしいと思いました。(小並感)巻末の天使のオマケエピソードも面白かったです。天使はやっぱり天使でした。本編も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いーた

    クロムの生い立ちと本編開始までの軌跡。壮絶な過去に胸が苦しくなりました。やはり、ヒトはヒトとの出会いが大切だと実感。フィフニスとダグラス、ルービルの出会いもそこに起源があったとは。フィフニスも出会うべきヒトたちと出会えるだけのモノを持っていたということ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 晦夢

    クロムの過去編。壮絶だな。にしてもこういう傭兵団の温かさは卑怯。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぼりよこ

    リュリュの最後の物語がめっちゃ哀しかった。そんな過去があったんだね。クロムが感情をなくしてから再び取り戻すまでのお話。かつなぜ姫様に仕えるようになったのか。ナターシアと聞くとあの激戦の近接戦のさなかアレをするという、なんとも甘酸っぱい場面を想像してしまう。ナターシア結構応援したかったんだけどなぁwラストの天使の短編もかなりよかった。天使は昔から天使だった。第二部いつ出るのかなぁ。次はラトルグ編かな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/10/01
  • 定価
    702円(本体638円+税)
  • ISBN
    9784798610962

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK