グラウスタンディア皇国物語 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

グラウスタンディア皇国物語 6

著者: 内堀優一 (著) / 野崎つばた (イラスト)
シリーズ:グラウスタンディア皇国物語(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

アラティア陥落作戦における最後の難所で、絶体絶命の窮地に立たされた皇国陸軍。全滅も十分に有り得る状況の中、軍師クロムはリュリュとガジェルを連れて敵陣へと乗り込み、指揮官ベルゲンを相手に直接交渉を申し出る。本来なら応じる必要のない交渉。だがそれに敢えて乗ったベルゲンの真の目的が浮き彫りになる時、大戦は最終局面へと動き出す!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    アラティア陥落作戦で皇国陸軍が絶体絶命の窮地に陥り、クロムが敵陣に乗り込んで行う交渉と、ラトルグのスクルタビア連合国への侵攻が描かれる第六弾。物語は大きく動いてきていますが、群像劇的進行で頻繁に視点が切り替わるので、状況を整理するのが少し大変だった印象。また奇抜な策による衝撃的な結果が多く、それでいてその反響はわりと淡々としていたりで、もう少し手堅く進める部分とメリハリがあっても良かったのかなとは感じました。ただ物語が終盤に向かっているのは間違いなくて、このカオスな状況をどうまとめるのか次巻に期待ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    この巻始まって早々クロムが一時退場。グラウスタンディア軍有能な老兵がどんどん退場していっているが大丈夫なんかと心配になるレベル。いくら若手が活躍といっても限界があると思うんだが。そこかしこで戦闘がおき、話がポンポン切り替わっていくのに戦況図無いので想像するのが困難で読みにくいな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナカショー

    クロムの不在により淡々とした進行のリジア大戦。そのため敵味方が奮闘して大騒ぎ。グラウスタンディア側の有能な兵士が次々と退場していく様は読んでて辛くなりました。最後は両国の総力戦、そして飄々とした態度で戻ってきたクロム。どのような決着がつくのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いーた

    いきなりクロム離脱で戦況は混沌。ラストでひょっこり戻ってきて、いよいよ次巻はリジア戦役クライマックス。楽しみではあるけれど、戦況が分かりにくい。地図は巻頭にあるけれど、役不足。もう少し分かりやすい俯瞰図は欲しいところかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 晦夢

    絶体絶命のピンチに陥った皇国陸軍この状況を変えるためクロムはリュリュ、ガジュルと共に敵陣に乗り込む。今回は殆どクロム不在の中それぞれが戦うといった感じか。状況はそれほど変わらないまま内部でかなり動きがあった。にしても皇帝ダカットに引き継ぐのあっさりだったな、そこにもっと注目して欲しかったんだけども……。おっさんがなかなか良かった回かな。まだ危機は去っておらず、次巻クロムがどう乗り切るのか期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/07/01
  • 定価
    681円(本体619円+税)
  • ISBN
    9784798610450

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK