パラケルススの娘 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

パラケルススの娘 9

凶悪な<魔術師シモン>との戦いに、少年少女たちは打ち勝てるのか!? マジェスティックファンタジー第9弾。
著者: 五代ゆう (著者) / 岸田メル (イラスト)
シリーズ:パラケルススの娘(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

<魔術師シモン>に連れ去られた遼太郎は、彼の卑劣な誘惑に苦しみながらも、クリティーナの本意を知ろうと必死だった。クリスティーナが、僕らを裏切るはずがない――その一心で、なんとか彼女と対話を試みようとするのだが……。一方、屋敷から焼け出された美弥子たちは、クリスティーナと遼太郎を案じて心を痛めていた。そんな彼女たちのもとに、ジンジャーがやってくる。凶悪な<魔術師シモン>との戦いに、少年少女たちは打ち勝てるのか!? マジェスティックファンタジー第9弾。

みんなからのレビュー

  • kitten

    図書館本。 何やらよくわからん状態で終わった8巻の続きから。 遼太郎の最後の戦いのメインは まさかの口喧嘩とは。 奇しくも、年の瀬に読了。次の10巻は新年の話になるが、待ってられないのでこのままひきつづいて、10巻に。しかし、リアルタイムで読んでた読者は、だいぶ待たされたようで。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • (●▲●)とらうまん(*^◯^*)

    子供たち皆でチカラを合わせて、いざ決戦の場へ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TSUBAKI Shin-ya

    敵がはっきりしたのに合わせて、仮想的だったリース警部が役立たずに、バ(略)が腑抜けに変貌。一方でへたれだった遼太郎がいきなりしゃんとして事態収拾に立ち向かう。主人公の変わり身がちょっと唐突に過ぎる気はするが、こうでもしないと話が収束しないのも確か。ここから先は予定調和が待っている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 大切なものと閉じこもっていた世界がこじ開けられて、そこから彼女はどんな救いを手にするのだろう。最終巻が楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • tomite

    遼太郎や周りの少女たちだけでなく、バ(略)の成長も描いてくれて、とても面白かったです。若い少年たちが成長を遂げているのに、肝心のクリスティーナは、彼らの影響を受けて、自分が変わることに怯えているようで、辛かったなぁ。ラストで彼女の下した決断が、果たして、遼太郎たちにどんな影響を与えるのか。何気に、霧月とリーズ警部の凸凹コンビも良かったです。ラストが凶悪なヒキなだけに、はやく、最終巻を出してほしいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/12
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840130554

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル