Hurtless/hurtful
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

Hurtless/hurtful

あたりまえの今日がずっと続くと思っていた玲夫と、帰るところを失った少女が東京の夜を駆けるエスケープ・ストーリー。
著者: 清水マリコ (著者) / 田倉トヲル (イラスト)
シリーズ:HURTLESS/HURTFUL ハートレス/ハートフル(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「――脱獄してきたよ。心の中から。行くところがないから、逃亡先を見つけて?」人助けをして線路に落ち、一躍お茶の間のヒーローになってしまった兄をもつ待中玲夫、16歳高校生。以来、一家はマスコミに追われ、玲夫は有名人としてクラスメイトに遠巻きにされてしまう。そんな、まるで非現実みたいな現実に叩き落とされた玲夫の前に突然現れたのは、「脱獄してきた」と笑う、砂糖菓子みたいな少女だった。あたりまえの今日がずっと続くと思っていた玲夫と、帰るところを失った少女が手を取りあって、東京の夜を駆ける。清水マリコ渾身のエスケープ・ストーリー。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ソラ

    「――脱獄してきたよ。心の中から。行くところがないから、逃亡先を見つけて?」人助けをして線路に落ち、一躍お茶の間のヒーローになってしまった兄をもつ待中玲夫、16歳高校生。以来、一家はマスコミに追われ、玲夫は有名人としてクラスメイトに遠巻きにされてしまう。そんな、まるで非現実みたいな現実に叩き落とされた玲夫の前に突然現れたのは、「脱獄してきた」と笑う、砂糖菓子みたいな少女だった。あたりまえの今日がずっと続くと思っていた玲夫と、帰るところを失った少女が手を取りあって、東京の夜を駆ける。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sq

    もしこういう繊細さを評価しないのならそんな場所どうだっていいのだと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まざか~る

    だったら、許されないまま生きようよ。私たちが何も許されなくても、私たちの心はすれ違ったままでも、月に飛ぶ飛行機とか魔法の工場とか、きれいなものは変わらずきれいだよ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • エノキ

    んー、雰囲気重視な作品で、細かいことは気にするなっていう作品。作中の雰囲気や、登場人物を気に入ることができたら、そこそこ楽しめるのではないかと思う。個人的には最後の微妙なファンタジー要素が気になった。まあファンタジーはない方がよかったとは思うけど、それ以外はそれなりに読める作品だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 千円

    初読みの作家さん。何がなんだかわからないまま、一気に読まされた。おもしろかったと思う。人間関係が、些細なことの積み重ねで成り立ってるってことに、不安を感じた。情景の描写や言葉の使い方が、とても好みだった。しかし、何より『読まされた』と言う感覚が本当強い。『嘘三部作』も読みます。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/02
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840126595

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK