いちばんうしろの大魔王 act 8
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

いちばんうしろの大魔王 act 8

著者: 水城正太郎 (著) / 伊藤宗一 (イラスト)
シリーズ:いちばんうしろの大魔王(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

目覚めた初代魔王ゼロと2Vは阿九斗を倒し、帝国中枢の掌握に成功する。魔法と教会の力を解体し、人造人間中心の世界を築き上げた2Vの真の目的とは何か? 一方、一命をとりとめた阿九斗は不二子の導きにより、けーな、淑恵と共に黒魔術師の村に逃げこむ。そして自らの出生の秘密を知る人物と出会った阿九斗が下した決断とは?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • soft&wet

    ようやくタイトルの意味が判った.しかし主人公出番ないな.もう抽象的過ぎてついてけないけど今までの話要約すると神とか独裁とか国の象徴とか人の上に立とうとする「物語」の役割を認めつつそれを破壊し、憎まれ役を買って世界を良くしようとする魔王をこそ崇めよということが言いたいんじゃないだろうか、割とパンキッシュ.伝わり辛いけど. 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 鑑真@本の虫

    ゼロ・2V連合との本格的なバトルへ突入。 何もできないまま過ぎ去る日々は、ただ無気力を生むばかりということか。 なんとか復活したアクト。 ゼロとの闘いに身を置くが、ジリ貧に。 一方の2Vだが……これは可哀想だ。 何か喰えないものがあるとは思っていたものの、加寿子がここまでするとは。 次回は、覚醒したゼロと加寿子が相手となり、勝敗の行方がきになるところ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 山田

    再読。主人公の出番が少なかったです。前巻からころねが敵になってしまって悲しいです。そして生徒会長が可愛く思えてきた今日この頃。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ARIA

    相変わらず設定がおもしろい。魔王・神をあくまでもシステムとして捉えるあたりが・・・しかしどんどん主人公の力がインフレしていくな・・いいぞもっとやれ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • RENPOUNASU

    設定とかキャラは好みなんだが、どうにも見せ方が……。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/12
  • 定価
    681円(本体619円+税)
  • ISBN
    9784894259669

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK