いちばんうしろの大魔王 act 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

いちばんうしろの大魔王 act 6

著者: 水城正太郎 (著) / 伊藤宗一 (イラスト)
シリーズ:いちばんうしろの大魔王(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

孤児院にいた頃に阿九斗に髪飾りをもらったという転校生ケーナ・ドロンズ。阿九斗の記憶にある少女はけーな? それともケーナ? 積極的に阿九斗に迫るケーナとそれに真面目に対応してしまう阿九斗。その様子を見て愕然とする絢子に不二子やけーな、ころねも加わって騒動を巻き起こす。王道学園コメディの本領が発揮されるシリーズ第6巻。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 加賀ますず

    突然現れた転校生。その姿はけーなにそっくりで、アクトのことをダーリンと呼び、けーなに対して敵対心丸出しで…?一難さってまた一難、新章開幕のバトルラブコメ第6弾。今巻はバトル少なめで劇場版的なストーリー。やってきた転校生のケーナに引っ張り回されつつも親睦を深め合い、やがて少女の秘密が明らかにされ、予感されていた事件が起こる…。分かりやすくテンプレではあるものの、テンプレになるほどのしっかりとした面白さとカタルシス、そして感動があり、読後感もしっとりしつつも爽やかな感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 鑑真@本の虫

    小休止的日常編。 本来であれば、初期に使うべきネタをここに持ってきてしまったのはもったいない気がする。 第一部にて、うまく絡めた方が良かったのではないのだろうか。 ただ、端的な一編としては、既刊より秀逸な仕上がり。 ここまでの設定もうまく生かし、物語に絡めて、この悲劇を閉じたのは良かったと思う。 ちょっと可哀想だったけど、きっと最後は幸せだったんじゃないかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • soft&wet

    別の巻に感想書いちゃった.こっちが正解.本当ならこの設定を使ってこういうドタバタをやるべきだったんだよなぁという小ネタを、前巻までのクライマックスを終えて今さら展開.最終的に作品のテーマである「物語と現実」をピンポイントに描いて、切ない幕引きへ. 作者は「中休み」というが、今までで一番短くて一番良く出来てる. 神を信じない人も、電子書籍には嫌悪感を覚えている.そこに宗教にも似たオリジナリティという物語への依存を見る魔王.けれど最後には自ら物語の演者となることで、ある死を甘美に遂げさせてやる・・・ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 吉兆

    第二部開始の幕間。ケーナと言うキャラの使い方は嫌いだな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こんこん

    こういうゆるーくかるーいノリの方が好きなんだけどなあ。次でどうなりますか 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/06
  • 定価
    681円(本体619円+税)
  • ISBN
    9784894258822

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK