相剋のフェイトライン
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

相剋のフェイトライン

著者: 翅田大介 (著)

  • Amazon紙書籍

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • シンヤ

    いろいろ投げっぱなしで終わった。そしてスクライド過ぎて笑った。どうにも読んでる端々でスクライドがチラついてどうにも…w それ以外は伏線・設定投げっぱなしではあるけど、そつなく纏まっていたけどインパクト不足かなと。登場人物は配置通りに綺麗に纏まってるけど、パンチ力不足というか、いまいち魅力に足りないかなと。とりあえず「NOだ!」で爆笑したから許す。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 一回投げて、数ヶ月放置してようやく読み終える。 黙れNOとか言うな。/落ち着いて見直せば、まあキャラクタの役割も展開も普通にそつなく纏まっているし悪くはないんだけど、いかんせん打撃力が足りない、というか前作でも思ったけど露骨に処女厨過ぎて軽く引く。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    前シリーズにあった、テーマに対してあった挑むような真摯さ、書きたいことを書き尽くしてやるという熱量が、この作品にはややも足りなかったかなあ。でも、中盤以降の餌付けシーンといい、キャラクター同士の触れ合いについてはどんどん魅力的に描かれ出していたんで、続けばさらに良くなるかも。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    伏線投げっぱなし。現在・過去・未来という三者三様の信念の描き方もどうも引っかかるところ無いかなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タカユキ

    スクライドは知らないので申し訳無いが、なんというかごく普通の異能バトルだった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/05
  • 定価
    702円(本体638円+税)
  • ISBN
    9784894258730

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK