いちばんうしろの大魔王 act 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

いちばんうしろの大魔王 act 4

著者: 水城正太郎 (著) / 伊藤宗一 (イラスト)
シリーズ:いちばんうしろの大魔王(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

お見合いだということを知らされずに絢子の故郷に呼ばれた阿九斗。しかしお見合いの最中、学院に残ったけーなに暗殺者の魔手が迫る。暗殺指令の出所は? 学院に姿を現した大和望一郎の目的は? そして暗殺指令を知った阿九斗は? 怒濤の展開を見せる衝撃の第4巻。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 加賀ますず

    魔王、覚醒。神と呼ばれるシステムが人々を管理する世界で、人間を解放する為に立ち上がった男を、人は魔王と呼んだ。何が善で何が悪か。所詮は主観に過ぎない価値観を互いに押しつけあい、争いあう人々の姿の救えなさと、その中で結局は自分の信じる道を進むしかないという諦めにも似たアクトの決意が沁みる一巻。序盤の穏やかでにこやかなラブコメ空間から、一気に転落して加速度的にシリアス度と盛り上がりが最高潮に向かっていく構成が印象的だった。ヒロシの力に溺れる小物感…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 山田

    再読。絢子が不憫すぎました。ヒロシはやっぱり嫌いです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真林

    神の信仰によって生まれたシステム(物語)の破壊を決意し、魔王らしくなってきた阿久斗。ヒロインの暗殺という危機にこのような極端な行動をとるのがこのシリーズの特徴かな。想像以上に早くこのようなもう最終回かと思えるような展開が来たので驚きましたが。とはいえ次で一応一区切りっぽいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 鑑真@本の虫

    魔王覚醒編前編。 今回は、兎にも角にも、絢子が不憫でならなかった。 純粋な好意が勘違いの中にまみれてもなお、気丈にある絢子は芯が強いのだな、と感心。 そんな中、力に目覚めた魔王は目的を果たすために「神」の破壊を狙い、望一郎・信者の両方と対決。 優勢を保つが、甚だ極論は否めないため、後編の動きに関心が向くばかりである。 また、けーなの正体がうっすらと分かり、これまた動向がきになるところ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • soft&wet

    話の途中で終わっているものを、「上」とも「前」とも明記せず堂々と売っちゃうのがラノベさん.この感じ慣れていかないと./「強さを求める意志は大事だ。けど、弱さを許せない意志ならいらない。犯罪者も卑怯者も、誰にも裁けない。たとえ神にだって。ぼくは、神を殺す」今まで勘違いで魔王とされてきたアクトが、システム(物語)という思考停止の信仰を破壊するため、自らの意志で魔王を目指す巻.社会に心を許さないという意志を持ち続ける人は、いつしか社会から阻害されるためのレッテルを貼られる.それがここでは「魔王」なのだろうなと. 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2008/12/01
  • 定価
    681円(本体619円+税)
  • ISBN
    9784894257948

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK