カッティング Case of Tomoe
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

カッティング Case of Tomoe

著者: 翅田大介 (著) / (イラスト)
シリーズ:カッティング(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

転校してきた見知らぬ少女、紅条トモエは紅条ケイイチロウの妹を名乗った。
死んだ母と同じ名前と自分と同じ瞳の色を持つトモエに、ケイイチロウは……。
第1回ノベルジャパン大賞・佳作受賞作品「カッティング」シリーズ第2弾。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • らっこ

    暗い過去を持つ主人公の元に、妹を名乗る少女がやってくる話。助長で装飾華美でねっとりした文章は、好みの人にはツボなはず。ヒロインの性格が様々に変化していくのですが、グラデーション的に少しずつ変わるのではなく章ごとにカットされたように急激なので、そういった意味でカッティングというタイトルがついているのかなと思っていたのですが、これシリーズ二巻目だったんですね…前作読まなければ(ぉ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ibaraline

    主人公がやれやれ言ってるのはスプートニクの恋人ネタのための前振りだったのかと思った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 世界はきっと輝いてみえる

    前巻とAmazonのあらすじを読んでしまったせいでなんとなく展開が読めてしまったのは悲しかったけど、心ややりとりの描写が見たかったのであまり気にならなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ささやか@ケチャップマン

    ラノベらしからぬ暗さと重さ。ラストへの収束が若干ご都合的なのが気がかりだが、この作品の良さはそういう点にあるわけではないので、大きな傷にはならないと思う。ただ最後、これからをもう少し読んでみたかった。蛇足かもしれないが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しゅう

    読了。前巻とは世界観を共通にしつつも、登場人物は別人の物語。内容はやや暗めながらも、結末はすっきりとした感じで終わっています。今後もこんな感じで進むかと思ったら、次巻はまた1巻のキャラで話が展開されるとは、ちょっと拍子抜け。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/12
  • 定価
    723円(本体657円+税)
  • ISBN
    9784894256200

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK