百錬の覇王と聖約の戦乙女 14
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

百錬の覇王と聖約の戦乙女 14

勇斗、ついに神都グラズヘイムへ上洛!!
著者: 鷹山誠一 (著) / ゆきさん (イラスト)
シリーズ:百錬の覇王と聖約の戦乙女(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

勇斗、ついに神都グラズヘイムへ上洛!!





《鋼》討伐軍を打ち倒し、ハールバルズに心を囚われたリーファも無事助け出した勇斗は、兵の疲労も顧みず、すぐさま軍を神都グラズヘイムへと進める。リーファと婚姻を結び、神帝の地位を得る、それはユグドラシルの崩壊を見据えた勇斗にとって、どうしても必要なことだったのだ。しかし神都では、未だ野望を諦めきれない男が待ち受けていて――覇道を征く異世界ファンタジー戦記、衝撃の第十四巻!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    鋼討伐軍を打ち倒し、ハールバルズに心を囚われたリーファも無事助け出した勇斗。冬が近づく中兵の疲労も顧みずすぐさま軍を神都グラズヘイムへと進める第十四弾。ユグドラシル崩壊に対処するため、リーファと婚姻を結び神帝の地位を得ることを目指す勇斗。苦境に陥って自分も貢献しようとして空回りするリーファは微笑ましかったですが、諦めの悪いハールバルズとの決着は何とも切ない結末でしたね。意外な形で繋がった因縁も明らかになって物語としても結末が近づいて来ているのを感じますが、いよいよあの人と直接対決ですか。次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S.T.

    ああ、わかってはいたけれど、やっぱりこういう結末か。美月とリーファの関係からすると、予定調和なんだけれど。帝国の奸臣ハールバルズの滅びと引き換えになってしまったリーファ。最後の最後でファグラヴェールの《戦を告げる角笛》と力を合わせたのは哀しくも熱くて良かった。さて、いよいよ残すは信長との最終決戦。そして期待しているユグドラシルからの壮大な大脱出。同時並行で進むんだろうけど、どっちも不足なく描き切って欲しい。生き残れるのは誰か。あ、ユウトはイングリットを忘れないように。ここまで来て仲間はずれはなしで(笑)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    討伐軍を撃退し、リーファの救出に成功した勇斗は速攻でグラズヘイムへと上洛する。リーファも婚姻を結び式まで挙げ先が短いであろうとももう少しは幸せを感じることが出来ると思った矢先に執念深いハールバルズと決着で終わってしまうのは何とも言えないな。ユグドラシル崩壊の前兆が見え始める中舞台は例の人物との直接対決へ。果たしてどのような結末になるんだろうか?楽しみだな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    泣いた。惚れた少年の妻として、彼に帝国という重責を円滑に継承する為の礎として、死んでいくことを決めたリーファの覚悟に。また、その覚悟にも関わらず「死にたくない」と勇斗に訴える彼女の無念さに。今はただ眠れ、三千年の時を。しかして想い人に再び巡り会わん。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なつきネコ

    ついに勇斗が神帝になる。しかし、同時に沈没のタイムリミットが迫る。しかし、地震国日本出身ならうまくやれるか。しかも、今なら東日本大震災でマズイ政府対応もネットに上がっているから、やりやすいだろう。作者もその辺りを調べたんだろう。同じ王としてリーファは勇斗と比べてしまうが、しょうがない。しかし、当のリーファが、死んでしまうとは悲しい。せっかく、これからだと言うのに。彼女なりに王道を目指していたが。けれど、双紋を手に入れる。その双紋はリーファの命の支えを譲り渡された物。この悲劇からの新たな力は燃えてしまう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/11/01
  • 定価
    681円(本体619円+税)
  • ISBN
    9784798615622

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK