天才王子の赤字国家再生術 そうだ、売国しよう 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

天才王子の赤字国家再生術 そうだ、売国しよう 2

突然舞い込んだ帝国の皇女ロウェルミナとの縁談話!?
「超断りてえええええええええ!」
天才王子による七転八倒な弱小国家運営譚第二章、ここに開幕!
著者: 鳥羽徹 (著者) / ファルまろ (イラストレーター)
シリーズ:「天才王子の赤字国家再生術」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「私と一緒に帝国を奪りませんか?」
次代の名君として臣民に慕われつつ、楽隠居を目指して日々売国を画策する小国ナトラの王太子ウェイン。
僅かな手勢で隣国との戦争に勝利し、その名を内外に響かせた彼のもとに突然舞い込んだのは、後継争い
に揺れる帝国の皇女ロウェルミナとの縁談話だった!?
うますぎる話に警戒するウェインだったが、周囲は帝国との関係が深まるとお祭り騒ぎ。しかも非公式の
お見合いに訪れた皇女から提案されたのは、野望に溢れたもので――。
「超断りてえええええええええ!」
天才王子による七転八倒な弱小国家運営譚第二章、ここに開幕!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    国の運営等から離れてその存亡をかけた謀略戦の様相を呈して来た。今回のウェインの指し手の相手は、皇女と別勢力の密命帯びた工作隊長の二人。相手の行動の裏を読み、先の先まで次々と謀をお互い巡らす様は読み応えがある。国際社会では共に徒手空拳と言っても良い皇女とウェインが知恵絞る様と、先読みできる父祖の遺してくれた所領を一時の感情と欲得で失ってしまいそうになる「あほぼん」(※)親子のそれが対照的で鮮やかだった。ただ、物語のコアなるのはやはりニニムとウェインの関係性。ウェインは彼女の為なら人々の意識に革命を(続 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    隣国との金鉱山を巡る戦いに勝利したウェインに帝国の皇女からの縁談が持ち掛けられる今回の物語。 似た者同士のウェインとロワの腹の探り合い、ロワが隠している野望に対する思いがけないハプニングは面白すぎですよ。そして、そんなロワを昔の約束を果たす為に手助けするウェインにはグッとくるものがありました。 今回は説明が多くて二ニムとウェインの絡みが少なかったのは残念でしたけど、それでも大満足の内容で、次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S.T.

    面白かった!そして3巻予定とのこと!前巻で見事な勝利を飾ったものの、結果はギリギリの財政状況という厳しい現実。あの戦果で赤字じゃないのは凄いと思うけどね。そんな中、ウェインに舞い込んだのは帝国の第二皇女との縁談話。2巻でちゃんと新ヒロイン投入とセオリー通りか。その皇女が実は留学時代の同級生でしたとかこれまた王道。まあ、その皇女がウェインに負けず劣らずの策略家で、二人して悪巧みした挙げ句、二人して踊るハメになるというのが2巻だった(笑)。それでも物語の骨格はちゃんと戦記してて読み応え十分。ぜひ続いて欲しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    僅かな手勢で隣国との戦争に勝利したものの、深刻な金欠に頭を悩ませる小国ナトラ王太子ウェイン。そんな彼のもとに帝国の皇女ロウェルミナとの縁談話が持ち込まれる第二弾。一緒に帝国獲りを提案する皇女ロウェルミナの意外な正体と、彼女がわざわざナトラへ視察にやってきた真意。帝国時代に育まれた彼らのエピソードを挟みつつ、刻一刻と変わる状況の中でギリギリの駆け引きが繰り広げられる状況には緊張感があって、そんな中でも過去の約束を見事果たしてみせるウェインがカッコ良かったです。また新展開を迎えそうな続巻が今から楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    後に賢王大戦と呼ばれるこの時代で、帝国の第二皇女ロワが頭角を顕すこととなるエピソード。ウェインとロワの政略結婚という形で始まった騒動は、帝国を内戦に導こうとする勢力と、ウェインを利用してそれを阻止しようとするロワの策謀であった。このロワは、ウェインと同じレベルの戦略家・策謀家であり、二人の頭脳戦が面白い。お互いがお互いを読みつくし、一歩でも相手を出し抜こうとする二人は、息がピッタリの似たもの同士。ニニムとの関係も好きだけど、ウェインとロワのカップルも捨てがたいな。ウェインは死ぬまでコキ使われそうだけど。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • おもろい
    あっきーが作成したまとめおもろいで紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/09/15
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784797399004

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK