私を自分のものにした責任とってよね シロもそう思います 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

私を自分のものにした責任とってよね シロもそう思います 2

彼女は妹? ……それとも魔導書?

「久しぶりだね、お兄ちゃん」
司はついに妹と再開を果たせるのか――?
著者: 火海坂猫 (著者) / うなさか (イラストレーター)
シリーズ:「私を自分のものにした責任とってよね ~シロもそう思います~」シリーズ(GA文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「その聖女っていったい何なの?」

「あれは敵です」

教会からの依頼で聖女様を探すことになった司たち一行。
いくら叶が聖女のことを尋ねても
シロは敵認定するばかりで、どうにも要領を得ない。

そもそもヨーロッパの教会から姿を消したばかりの聖女が、
日本にいるはずもないのだが……いつの間にか司たちの隣に座っていた!

そして、さらに状況を混乱させるかのように
「マツリ」と「祀」を名乗る2人組の少女が現れる。

「久しぶりだね、お兄ちゃん」

司が長年に渡って探し続けてきた妹の名を名乗る2人。

はたして司は念願の再会を果たしたのか!?

冒涜的で忌まわしきシリーズ第2弾! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    教会からの依頼で聖女を捜索する中、妹を名乗る2人の少女が現れる今巻。―――真か偽か、証明するのは己の心。叶が自分の正体を知り、司の痛ましき真実が晒され、妹が舞台を乱す、本物と偽物の違いを問い掛け世界を広げる今巻。敵の首魁の正体も明かされ、更に暗さを増し淀み出す世界。そんな冒涜的な空気の中で叶の明るさが明るく、傷つきながらも司が全てを背負う事を選ぶ、物語特有の空気の濃度が上がり読み応えが更に上がる巻である。守るものが更に増え旅立ちの時はすぐ近く。その時、叶が選ぶ生きる道とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/08/10
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784797397369

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル