天才王子の赤字国家再生術 そうだ、売国しよう
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

天才王子の赤字国家再生術 そうだ、売国しよう

「こんな国、さっさと売って隠居生活だ!」
著者: 鳥羽徹 (著者) / ファルまろ (イラストレーター)
シリーズ:「天才王子の赤字国家再生術」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「さすが殿下! これが狙いとは!」
「どこまでもついて参ります!」
「殿下!」「殿下!」「殿下!」
『(一体どうしてこうなった!?)』
資源も人材も兵力もない弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。
文武に秀で、臣下からの信頼も厚い彼にはひそかな願いがあった。
「国売ってトンズラしてえええ!」
そう、王子の本性は悠々自適の隠居生活を目論む売国奴だったのだ!
だが、大国に媚びを売ろうと外交すれば予期せず一方的に利益を手にし
隣国との戦争で程よく勝とうとすれば大勝利。名声は上がるが売国は遠のき、
臣民はイケイケ状態で退くに退けない!?
天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚、開幕!

パートナーのおすすめレビュー

  • ラノベ史上最高の売国奴による「こんなはずじゃなかった」国家経営物語!

    つむぎ
    つむぎ
    資源も人材も、そしてお金もないナトラ王国の摂政になったウェイン王子。切れ者で家臣からの信頼も厚い彼が、赤字国家をどう再建させるのか。

    読者の期待も高まりそうな状況で、彼が打ち出した驚きの結論は「無理だから、いっそのこと国を売って隠居しよう」。ざ、斬新な解決方法ですね……。

    そして物語は国家運営ものジャンルのなかでは異色ともいえるゴールを目指して走り始めます。

    まず王子は、いかに争わず、大陸統一をめざす帝国に併合してもらえるか、さらには自国の軍部から反発されずに事を進められるかを真剣に考えるんです。

    国政を預かる摂政が実は「国を売ること」を前提に帝国との外交の席につくなんて、誰も思いませんよね……! 

    そんな王子のまえに、次々と計算外の事態が発生します。ただ、それらはすべてナトラ王国再生のチャンスとなるものばかり。本来喜ぶべきことですが、隠居したい王子はひとり「どうしてこうなった!」と絶叫する日々です。

    権謀術数はお手の物。頭の回転も早く、アドリブにも強い。だけど、ちょっぴり間が悪い。ラノベ史上類を見ない売国奴な王子様を、あなたも気づけば好きになっているはずですよ!
  • 国力増加で臣下は大喜び!でも為政者はがっくりで…

    ディアナ
    ディアナ
    隙あらば売国を目論むダメ王子なウェインだけど、いざ自国が侵略されたら、名軍師っぷりを発揮ッス! 兵力差で劣る戦いでも、敵将の一枚も二枚も上を行く戦術で互角以上に渡り合う。敵の嫌がることを次々と思いつくウェインは憎たらしいヤツッスね! あ、もちろん誉め言葉ッスよ。

    とはいえ、貧乏国家で金のかかる戦争を長く続けたくはないッスからね。ウェインは「ほどほどの勝利」を得てさっさと講和に持ち込む狙いッス。

    ……けど、そう上手くいかないのが世の常ッスよねぇ。

    なんせ、ウェインは末端の兵士一人ひとりの名前すら記憶しているほどの気配り屋。売国願望さえバレなければ、極めて人望の厚い男なんスよ。要は王子に勝利を捧げたい兵士達の士気が異常に高いってわけッス。それにウェインの軍略が組み合わさったら……ほどほどの勝利って、逆に難しくないッスか?

    ウェインの思惑に反して、ぐんぐん国力を増していくナトラ王国。その分、ウェインの仕事も心労も増加ッス。けど、弱小国家として辛酸を舐めてきた臣下たちが喜ぶ姿を見ていると、主人公の思い通りにならない展開を、読者は気づけば望んじゃってるんスよね。そんな倒錯した読書体験が味わえる小説ッスよ、ニシシ。

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 27
    読みたい

みんなからのレビュー

  • S.T.

    期待出来るファンタジーの新作がまたしても登場!作者は国家運営モノと言ってるけど、1巻に関しては完全にファンタジー戦記。昨今の戦記モノは、ガチのタイトル名つけてガチの雰囲気でやると中々続かないから、いかにも今風のタイトルと一見やる気のない主人公の性格で上手くカモフラージュしてる感じ。でもいざ読んで見ると完全に好みど真ん中のファンタジー戦記という…最高か!同レーベルの『我が驍勇』の成功を参考にしたのかな?試し読みで当たりをつけたのは間違いではなかった。望まざる名君への道を歩み始めたウェインの更なる活躍に期待! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    お久しぶりの鳥羽さん。タイトルにもなっていたり、作中でウェインも叫んでいる「売国」は、ものぐさとか怠け体質とかよりも、組織運営の大変さを熟知する彼の偽らざる感想として理解した。実際、兵隊や占領地住民の待遇に気を配って支持を得るのに成功しているし。運営コストを切り詰めようとする合理性の表れなのだろう。その合理主義をウェインがかなぐり捨てて狂気さえ感じさせるのが、ニニムが被差別民族ゆえの侮蔑を受けたとき。これまでの二人がどのような経験をしてきたのか、これからの国の運営にどう関わっていくのか気になる所ではある。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    売国というと卑怯なイメージがあるが、本作はどちらかというと「M&A」、起業家が高値で会社を売却するイメージですね。北の貧乏国・ナトラ、国王の急病で全権を任された摂政のウェインが主人公。政戦両略の天才だが、国を高値で売却し悠々自適の生涯を送るのが夢の16歳。腹心で幼馴染の少女ニニムとともに、売国に向けて策略を巡らせる。しかし、結果はどんどん逆方向に進み、戦争すれば連戦連勝、臣下の絶大な支持を集め、国民や敵国の民にまで名君と慕われる始末。なんで、こーなった?!ニニムとの会話やウェインの心の声が傑作!(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    病床の国王に代わり摂政として弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。文武に秀で臣下からの信頼も厚い彼が、絶望的な状況から密かに売国を志す弱小国家運営譚。状況を正しく認識して先を見通せるからこそ絶望を感じるウェイン。上手く終わらせるための手を打つのに、それがなぜか効果的な一手に繋がる皮肉な状況の変化や展開の連続でしたけど、ウェインが彼なりに最善へ真摯に取り組んだ結果だからこそ納得感がありました。補佐官のニニムに対する想いも気になる彼にいつか心境の変化はあるのか、どこまでやれるのか続巻が楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もも

    若き天才王子が弱小国家を背負うことになるお話。国家運営モノ、というジャンルらしい(実は初めて聞きましたw)。ウェインの思惑とは少し外れて、それでも周りから見たら良い方向に物事が進んでいっているのが面白かったです!それにしてもウェイン、頭が切れる切れる。予想外に上手くいく感じが読んでいて気持ち良かったです。補佐官の二ニムも良いポジションにいて、なおかつ可愛い。自分じゃ手に取らないような本でしたが、ファルまろさんのイラストと読み友さんの感想に惹かれて読んでみたら、大正解!予想以上に面白くて大満足でした^^ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 銀中の名の下に、銀髪ヒロイン紹介!
    ぎんちゅうが作成したまとめ銀中の名の下に、銀髪ヒロイン紹介!で紹介されています。
    1
  • Aokuma_senyaのおすすめ
    Aokuma_senyaが作成したまとめAokuma_senyaのおすすめで紹介されています。
    0
  • 積ん読
    いもりが作成したまとめ積ん読で紹介されています。
    1

関連情報

2022年冬 注目のラノベ原作アニメ 大増量試し読みキャンペーン

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/05/14
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784797397031

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK