幼女さまとゼロ級守護者さま Ⅰ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

幼女さまとゼロ級守護者さま Ⅰ

すかぢ&狗神煌コンビによる最新作!
著者: すかぢ (著者) / 狗神煌 (イラストレーター)
シリーズ:「幼女さまとゼロ級守護者さま」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「雨宮羽玖。雨宮の娘を守って欲しい。忌まわしき天球儀ゲームから」

ネテスハイム公・雨宮透華は
「切り札」たる守護者を召喚して告げた。



「十三血流」――その眷属たちは名だたる能力使いであり、
世界史を裏から操ってきた。


だが、その均衡を揺るがす存在が現れようとしていた。

「不死」にさえなりうる希有な能力≪節制=テンペランス≫。

その絶対的能力に目覚めようとしているのは、
まだ年端もいかぬ雨宮羽玖だった。


彼女を巡って十三血流の各家が陰謀を張り巡らす。

年齢不詳の少女「雨宮透華」は、
幼い羽玖を守るため「切り札」を投入する。

十三血流がさらなる力を得るべく
眷属を送り込む「天球儀の迷宮」。

最高難易度の白金の迷宮へと招待されたのは
雨宮羽玖を含む最高位の能力者たちだった。

高位の能力者たちが集う閉鎖空間――。

誰かが羽玖をなき者にしようと狙い、
誰かが羽玖を守護する切り札となる。

各家の思惑が交錯する中、
その趨勢を決する迷宮探索が幕を開けた――。



■世界を裏で操ってきた「十三血流」
その派閥に属する者たちが集う学園都市

■各派閥の最高位能力者たちが挑む
共闘と欺きの迷宮探索

■誰が守護者で、誰が刺客か?
幼女さまを護る「切り札」の正体は?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 621@リハビリ

    なかなか良い作品でした。 タロットカードのアルカナの性質を持った特殊能力を持つ登場人物と神話をベースにした舞台はミステリー要素があってなかなか興味をそそる展開になったのではないでしょうか。 今巻は(続刊待望)登場人物の思いを描くのに全開で話の中身は薄っぺらい感じになったような感じがします。 ですが、この手の設定作品は長期的に続けば奥の深い作品になる可能性もあるため続くことを期待したい作品。 http://urx.blue/HO9X 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    ―――天球儀の迷宮に交錯するは、殺意と慈悲の心。唯一無二の可能性を宿す無垢な少女を守る為、愚者の仮面を被りし最強の守護者は力を振るう。果てなき迷宮が如き広さを持つ世界、その一欠片とも言えるこの物語。階位の力、そして殺意を持つ者達の思惑。彼の行いに騙され、それを知った時に大きな衝撃を受ける。それはこの迷宮に引き込まれていたという証であり、それ程の面白さとどんでん返しに満ちている作品である。物足りない、どこまでもこの世界には広がってほしい。始まったばかりのゲーム、その世界の先とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • るか

    作品どうこうの前に固有名詞が多すぎる上に全く覚えられる気がしない名前ばかりで思考回路はショート寸前でございます。作品に関してはらしいなというのが一番でしょうか。幼女さまや詩乃,止水のやり取りは面白かったですが展開は予想が当たってしまったこともありあまり驚きなどはありませんでした。とはいっても後半の伏線回収への流れは読んでいて面白かったですしまだ始まったばかりなこともあるのでこれからの展開を楽しみにしたいと思います。筆が早い方ではないので期待せずに待ちます。とりあえず最後はお約束サクラノ刻はよ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 加賀ますず

    設定過多でテンポが悪く、物語が全然進まない。また設定の割にキャラクターの造りが杜撰で魅力を感じない。誰が刺客で誰が味方なのかというスパイ映画的なサスペンスも叙述が稚拙で簡単にタネが分かる。加えてタイトルで盛大なネタバレ。 終始何を読まされているんだこれはという印象。久しぶりの大ハズレ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とめこ

    あらすじの厨二臭さに戦慄しながらも、表紙かわいさで購入。つまらない以前に読み進めるのが苦痛でした。序盤から設定語りのオンパレードでくどいし、あるキャラの言動にひたすらストレスが溜まるばかり。一応どんでん返しな展開もあるが途中で想像がついてしまったうえに、そこに至るまでのイライラが強すぎて全然すっきりしなかった。正直あらすじが一番面白かった。私は徹底的に合わなかったけど、ファンの方は楽しめるかもしれません多分。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/12/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784797393651

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK