フィクション・ブレイカ-ズ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

フィクション・ブレイカ-ズ 2

最凶の症例、「デスゲーム」に挑め!!
著者: 西島ふみかる (著者) / 大崎シンヤ(UNKNOWN GAMES) (イラストレーター)
シリーズ:「フィクション・ブレイカーズ」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「ゾンビモノ」「魔法少女」、
そして最凶症例「デスゲーム」

危険な妄想世界が大量発生!?

現実の誘拐事件とリンク!? 妄想世界で監禁場所を突き止めろ!!
『厚生省 汚染症対策室』最大のピンチに響と世莉は……?


「現実想像性武装――出ろ!」
天津響と獅子堂世莉のコンビは管轄内で頻発する〈ピュアホワイト〉症例の潜入治療に追われていた。

「ゾンビモノ」「魔法少女」など、危険な妄想世界や複雑な設定に翻弄されながらも力をつけていく二人。 そして二人は、最凶症例「デスゲーム」への潜入を命じられる。しかも患者は現実世界の誘拐犯。被害者の監禁場所を突き止める必要がある。

「現場には私が出る。あとは任せる」
久能ちぎら管理官のサポートのもと、響と世莉は危険な〈フィクション〉内でわずかな手掛かりをたどり、事件の真相へと迫っていくが――

妄想から患者を救う「エンタメ汚染症対策室」の奮闘劇、第二弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    様々な世界観の世界に突入していく中、現実の世界とリンクした最悪な世界に突入する今巻。―――現実と幻想の交差点、そこに待つのは立ちはだかる悪の影。まだまだ力不足な響と世莉のコンビ。そんな彼らは様々な世界に振り回され、失敗し道を誤って、それでも前へと進み少しずつ成長していく。そんな二人の前に立ちはだかるのは最悪な世界の陰に漂う悪の影。舞台に姿を現した悪は、如何なる手を仕掛けてくるのか。全面戦争へと突き進む道程の中、響と世莉は今度は如何なる世界へと潜入するのか。待ち受ける戦いとは。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/12/15
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784797389937

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK