ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 11
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 11

大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、圧倒的ダンジョンファンタジー、第十一弾!
著者: 大森藤ノ (著者) / ヤスダスズヒト (イラストレーター)
シリーズ:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

少年(リトル・ルーキー)の名声は地に堕ちた──。

 竜の少女(ウィーネ)を救った代償として人々からの信用を失ったベル。
 悪意と失意の狭間で少年は傷付き、苦悩する。だが、

「迷わないで。貴方の側には失われないものがちゃんと残っています」
 出会いの絆に支えられ、決意を新たにした少年は仲間とともに立ち上がる。
 再び戦場へと変わる迷宮街で決行される『異端児(ゼノス)』帰還作戦。
 その前に立ちはだかるは都市最強(ロキ・ファミリア)。
 賢者の知恵、勇者の策、神々の思惑、そして黒き獣が咆哮を上げる時、少年の心は回帰する。

「僕……強くなりたいです」

 これは、少年が歩み、女神が記す、
 ──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

みんなのデータ

  • 15
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    「異端児」編最終章。竜の少女を救った代償として人々からの信頼を失ったベル。悩み、傷ついた彼が、仲間に支えられ立ち上がる話。こんな英雄譚を僕は待っていたんだろう。地に落ちた名声、敵は都市最強のロキファミリア。賢者の知恵、勇者の策、神々の思惑。それらが複雑に絡み合う、息つく暇もない怒涛の展開。黒き獣と白い兎の因縁の決闘。どのシーンも最高に熱く、心震わせる。その中でも全ての始まりだった宿敵との決闘は、ただひたすらに熱くシリーズ屈指の戦いでした。原点に立ち戻った少年は今後どのような道を歩むのか。次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • チェシャ猫

    これでこそダンまち。熱かった。面白かった。主人公が苦境に負けそうになる所をライバルが登場し、主人公とライバルの共闘、そして苦境の突破。よくマンガとかにあるシーンを熱く、面白く変えてきました。ヘルメスの思惑やフィンの采配をも乗り越えて、最後に盛り上げた好い巻でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    ウィーネを救った代償として人々からの信用を失ったベル。悩みつつも異端児帰還作戦に向け決意を新たにした彼らの前にロキ・ファミリアが立ちはだかる第十弾。人々の信用を失ったことを突きつけられるベル、それでも諦められない想いを支える仲間たちと神々たちの思惑。次々と女性に助けられる展開にベルを監視するアイズの思いがとても面白かったですが、ファミリアや支えてくれる仲間たちも大奮闘で、憧憬の彼女と真っ向から対立しても、神の思惑で台無しにされかけても、真っ直ぐな想いでそれを乗り越え覆してみせた展開はとても熱かったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • やまと

    このカタルシスを味わうために9巻と10巻があった。控えめに言って最高。自身が決断した結果に懊悩するベルの背中を押したのはやっぱり家族だった。リド達をダンジョンに送り届ける。かつてない程の困難極まるミッションを遂行するために全員が死力を尽くす姿、そしてベルを信じ手助けしてくれた者たちの心意気に胸が熱くなった。神の掌の上で転がされていたベルが神意に抗った瞬間に訪れた神々の想像を超えた因縁との邂逅と冒険。その先に待っていたのは強くなりたいという純粋な想い。その想いが導く瞬間を見守っていきたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ランタン

    異端児編やっと終わった。いや面白かったけれど、ベル君白い目で見られるはずなのに女性陣からは好かれてて笑う。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/10/15
  • 定価
    759円(本体690円+税)
  • ISBN
    9784797388121

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK