贋のメサイア
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

贋のメサイア

果たして少年の存在は真実か、それとも贋(まやかし)か?
六花梨花×エナミカツミが贈る、ゴシックファンタジー!
著者: 六花梨花 (著者) / エナミカツミ (イラストレーター)
シリーズ:「贋のメサイア」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「僕は、ディスラン・クローヌ――不老不死のアトランティス王だ」

時は十九世紀・スイス。小さな街リッデラヘンにその少年は突如現れた。
王を名乗る不遜な態度に謎めいた風貌。人語を操る蝙蝠と猫の従者。

「解せぬ。何をそんなに脅えている?」
「だって全てが妖しいから……」

この美しくも妖しすぎる少年に偶然出会ってしまうルミア。
どうやら彼女が通うカイミラダ学園に目的があるらしい。
だがこの行動を予期したかのように、学園の周りに異形の類が出現。
さらに凄腕の魔物猟人(ヴァンピール・ハンター)もディスランを狙っているようで……?

果たして少年の存在は真実か、それとも贋(まやかし)か?
六花梨花×エナミカツミが贈る、ゴシックファンタジー!
---------------------------

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • nawade

    ★★★☆☆ 十九世紀スイス、少女ルミアは不老不死のアトランティス王と名乗る少年に命を助けられる。そして、彼と一緒に学園に通い同居生活を始めることになるが、異形の類に襲われたり学園生活が一変することになるゴシックファンタジー! 実に読み易い文体だった。ストーリーも奇抜さはないものの、流れるように展開し、アッという間に読み終えてしまった印象を受けた。ややもすれば傲慢とも受け取られない主人公の言動を愛すべきキャラとして確立できている点も評価したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    十九世紀のスイスの田舎町に現れた怪しすぎる少年と少女が出会い始まる物語。・・・果たして彼は本物か、偽物か。贋作か、真作か。全体としては少し前の時代のどこかゴシック的な世界を舞台に過去の伝説の大陸とオーパーツががっつりと絡む展開となっており、同じレーベルから出ている某ギルティ・アームズがいける人であれば気に入るのではないだろうか。過去の伝説、遥か彼方の大昔の伝説のような夢のある話が好きな人であっても好きになれると感じる。割と面白いと思うのでこのまま頑張ってほしい処である。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/01/15
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784797385342

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK