君死にたもう流星群 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

君死にたもう流星群 2

俺さ――高校、やめようかと思うんだ
著者: 松山剛 (著者) / 珈琲貴族 (イラスト)
シリーズ:君死にたもう流星群(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

前代未聞の人工衛星テロ『大流星群』。そこで命を落とした天野河星乃を救うため、平野大地は八年前の世界にタイムトラベルする。星乃を狙う謎の悪意エウロパを撃退し、望む未来に近づいた大地。だが、過去を改変した結果、親友たちの運命までも変えてしまう。涼介と伊万里が結ばれるはずだった運命は分岐し、医者になるはずだった涼介は高校に意味を見いだせず自主退学を決意する。そんな中、人工衛星の消失事件が相次ぎ、そこに網膜アプリの開発者『六星衛一』が登場、さらには『天野河星乃』を名乗る、成りすましSNSアカウントも現れ――。各所で話題沸騰! 『夢』と『宇宙』がテーマの感動巨編第二弾!

みんなのデータ

  • 74
    評価する
  • 31
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    民間のポッと出の会社に鼻面引き回される作中のJAXAは、法務やセキュリティ部門がちゃんと仕事してるのか問い詰めたい。星乃が両親から莫大な知的財産権を相続したVIPなら何でアパートの二階住まい何だろうか。後彼女、沸点低すぎる。まぁそんなことより、今回の夢パートの担当は、進級スレスレの親友・涼介。医者の夢を明ら様にすることで周囲の眼を意識してしまうのを大地に打ち明ける所は切ない。伊万里からのヒントを糧に大地が彼を袋小路から引っ張り出し(ご都合良く)我が身も助けているのが、上手く繋がった感があり快い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ami*15

    今読んでも充分に素敵な話ですが、でもやっぱり中高生の時にこのシリーズに出会いたかったと1巻以上に思いました。「人生の経験値は、成功でも失敗でも手に入る」という言葉が今作で1番心に響きました。私は何かに挑戦する時、失敗に恐れてしまうようなところがあります。失敗する=恥ずかしいことだと思っているところが今でもありますが、失敗してしまうことはいつか自分の力になる時が来るのだろうし、とにかく何事でも挑戦してみることって大事だなと改めて気付きました。また「偉い人もみんな最初はゼロからスタートしている」という部分も→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    夢に向かって直向きに頑張る人は勿論、ただ毎日を漠然と過ごす人にも読んで欲しいライトノベル待望の第2弾。1巻がピークになるんじゃないかという不安は何処へやら、シリーズ2冊目もあっという間に読み終えてしまった。むしろ加速していくエウロパの悪意、星乃との関係、未来干渉によるバタフライエフェクトと見所が増えた分1巻以上の読み応えがあったと思う。最後は「エイッ!」て飛び込む。この言葉を噛み締めてこれからの自分の生き方に繋げたい。青臭くて眩しくて、そして大切なことを教えてくれる良いストーリーだった。次巻も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    エウレカ事件の真相に迫っていく展開が面白かった。テキストマイニングを使って、ネットの中に潜む首謀者をあぶり出していく展開とか、臨場感があって好きですね。こういう使い方もあるのかー。本作は、テロや組織犯罪に立ち向かうサスペンス作品としての側面の他、青春ものという側面もあります。失敗することを極度に恐れる主人公と親友が、今巻ようやく前進を始めるわけですが、そのキッカケとなった「人生の経験値は、成功でも失敗でも手に入るんだ」、「最後は『エイッ!』って飛び込むよ」って、いい言葉だなぁと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    星乃を狙う謎の悪意エウロパを撃退し、望む未来に近づいた大地。しかし過去を改変した結果、親友たちの運命まで変わってしまう第二弾。涼介と伊万里が結ばれるはずの運命は分岐し、そして人工衛星消失事件が相次いだことから始まる様々な出来事。相変わらず距離感が難しい星乃との関係には苦笑いでしたが、周囲の友人たちに心境の変化が起きたことに動揺しつつ、大地自身もまた少しずつ変わりつつあって、前回の八年前とは違った状況になってきていますが、そこからさらに思わぬ波乱に繋がりそうな意味深なエピローグもあったりで続巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

「泣ける小説」無料試し読みキャンペーン

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/09/25
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784040651590

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK