ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける 5

著者: 横塚司 (著者) / マニャ子 (イラスト)
シリーズ:ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「モンスターたちとの戦いこそが、世界を破滅から救う鍵――」 世界樹の守護者・リーンの言葉を信じ、決意を新たにした賀谷和久。アリス・たまき・ミアに、強力な魔力を持つ亡国のエルフ王女・ルシアを迎えた、和久の新たなるパーティーが、「メキシュ・グラウ」をしのぐ神兵級モンスター、「レジェンド・アラクネ」に立ち向かう!!  書き下ろし番外編「磯垣啓子は右と左を天秤にかけて必ず迷子になる」を収録した「小説家になろう」発、大人気サバイバルファンタジー第5弾!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    展開が速いけど読みやすく面白かった。お馴染みな四天王の存在が明かされたり、和平派の暗躍、ランク9以上の高みへ上れる方法などゲームでテンプレ的な展開が数多く出てきたな。唐突に登場した啓子さんだけど今後退場しそうな気がプンプンしてるような。主人公達は4日目の世界が滅んでしまうかもしれない日をどう抗い反撃していくのか?続きがきになるね。あと育芸館の面々は相当おかしかったんだな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • niz001

    長い三日目が終了。どんどんインフレ。状況は切羽詰ってきてるけど、やっぱり必死感は減った感じ。グレーターニンジャ登場。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はつかねずみ

    web版既読。 神兵すら倒してきた主人公たちに存在を示した更なる脅威、そして世界滅亡へのカウントダウン(残カウント1スタート)。 どうしようもないギリギリのところで戦い続けて、休む暇なく追い立てられる展開には手に汗握るというに相応しく非常に面白い。 ランク9の先が示されることで更なるインフレを予感できるし、イラストも良いシーンを上手く選び出せていて次巻が楽しみでならない。 しかし、なかなかミアが報われんなあ……まあ、原因の半分以上が本人の言動なので仕方ないがw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Tatsurou mizuno

    異世界とのバトルが次元を超えた戦いになってきましたね。もう何回死んでもおかしくないよこの人たち、レジェンド・アラクネから始まる。無茶苦茶バトルがすごい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ランタン

    番外編があるのでWeb既読でも満足。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/10/30
  • 定価
    652円(本体593円+税)
  • ISBN
    9784575750591

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK