モンスタ-のご主人様 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

モンスタ-のご主人様 1

著者: 日暮眠都 (著者) / ナポ (イラスト)
シリーズ:モンスターのご主人様(モンスター文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

とある高校の学生が全員まとめて異世界に転移した。転移によってチートな能力を得
た学生たちの争いに巻き込まれ、モンスターの跋扈する危険な森をさまよっていたおれ・真島孝弘を助けたのは、1匹のスライムだった!? --おれには""モンスターを眷属にする能力""が与えられていたのだ! スライムにリリィと名付け、さらにマジカル・パペットのローズを眷属に加えたおれは、数日後、森の中で学校一の美少女・水島美穂の死体を見つけた。水島美穂の死体を体内に取り込んだリリィは、彼女の姿に擬態し――健気なモンスターたちと紡ぐ、異世界サバイバルファンタジー!

パートナーのおすすめレビュー

  • ノエル
    ノエル
    スライムのリリィも、パペットのローズも、
    モンスターたちがご主人様想いでかわいいのー!

    主人公の孝弘の仲間になるモンスターは、普通のモンスターたちと違って、それぞれがちゃんと心を持ってるんだよ。だから、リリィもローズもただご主人様の代わりに戦うんじゃなくて、心を通わせた大切な存在として孝弘を守ってくれるの! 孝弘が落ち込んでいればどうにかして励まそうとしてくれるし、孝弘が傷ついていればそばで寄り添ってくれるんだよね! 心があるからこそ、孝弘を想ってくれるリリィたちのふるまいは、とってもけなげで癒されちゃうの!

    孝弘もそんなリリィたちを従えるんじゃなくて、想ってくれる仲間たちを守りたい、報いてあげたい、って大切にしてあげるんだ。孝弘もリリィたちも、お互いがお互いを大事に想ってて、人と異種族の家族を見てるみたいでほっこりしちゃうんだよー!
  • 綾乃
    綾乃
    他の人のことなんて知らない! 自分の思い通りにしたい! なんて、きっと誰もが少しくらいは思ったことがあるよね。主人公の孝弘くんたちが飛ばされた異世界は、そんな思いがとても実現しやすくなっちゃう場所なの。他に人類も見当たらない中、一部の人たちだけが強い力を持って、モンスターのせいで明日の命の保証もない。

    普通の少年少女たちが、突然力を持ってしまったらどうなるか……。

    このお話の中で起きるいろんな出来事は、そういう人間の負の部分をごまかしてくれないんだよね。同じ境遇なら自分もこうなっちゃうかもって、物語にとても共感しちゃうの。

    そんなシビアな世界だからこそ、孝弘くんと眷属になったモンスターたちとの、お互いにいろんなものを与え合う主従関係がすごく温かく見えるの。異なる種族同士の、見方を変えればいびつな関係かもしれないけれど。それでもこの先、何があっても彼らが幸せであってほしいって思っちゃったな!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 蛇の婿

    異世界転移もの。主人公はレア級のモンスターを使役する能力を持ち人間不信…ということなのだけれど、不信なだけで心の底から嫌いなわけではないのでその辺は割と好感。主人公の眷属となるモンスターが全部雌である説得力のある説明に爆笑。なるほどーwwww 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しまふくろう

    漫画版を読んで購入。表紙も挿絵も良いんだけれどいまいち好みから外れていた。 物語は漫画版とほぼ同じで、アラクネから救出されるまでの話。主人公の倫理観が一部壊れてアンバランスな感じになっているのが面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 此処其処。

    ★☆☆☆☆ モンスター「の」ご主人様、ね…。完全に「助詞」の「同格」だと思っていた。つまりは「モンスター=ご主人様」ってな具合。でも、蓋を開けてみれば「モンスター」の、ご主人様。連体修飾語ってことだね。…うん。どうでもいいか。とりあえず、なんだろう。ネタバレになるけど、同級生に性的暴行を受けて自決した少女を喰らって、その容姿と記憶を乗っ取った「スライム」がメインヒロインって時点で、そっと本を閉じて「売買用」の段ボール箱にダンクシュート。主人公も生理的に受けつけない次元でゲスい思想を持っているようだったし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アカイトモ

    人間に裏切られて、モンスターに走るって一歩間違えば変態ですが、なんか自然と受け入れることができました。物凄く変則的ですがハーレム物です。結構厳しい弱肉強食のファンタジー世界で、モンスターとの死闘もありますが、一番怖いのは人間だと認識させられた加藤さんの活躍が光ってます。まだまだ魔物が跳梁跋扈する森から全然抜け出せてないんですが、現地の人間や文明社会に行き着くんでしょうかね?もし行き着いても主人公のチート能力だとトラブルしか予想できませんが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • じお

    ★★☆☆☆ 突如学校全員が異世界に飛ばされ、そこで醜い争いが起こり人間不信になり心身ともに傷ついた高校生・真島孝宏、そんな折彼は自分にモンスターを従える能力が身についてる事に気づくのだった、ついていけない転移ファンタジー第1巻。ありかなしかでいえば、ダメな作品という感想、ちょっとついていけないですね…。まず過酷な異世界転移モノで、作品のコンセプトや暗めな展開はまとまってて良いと思います。「おれ」という単語が頻発して文章の拙さを感じるところや、特殊能力自体をチート能力と改めて命名されてるせいか→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

つむぎが選ぶ、2010年代に登場した人気ラノベまとめ60選

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/09/02
  • 定価
    713円(本体648円+税)
  • ISBN
    9784575750034

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK