あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

心は両想い。なのに――本音が隠れすぎてて結ばれない!?
著者: 広ノ祥人 (著者) うなさか (イラスト)
シリーズ:あまのじゃくな氷室さん(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

完全無欠な優等生だが、高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗は、ある日彼女の言葉の裏に隠された“本当の気持ち”が聞こえるようになっていた! そんな涼葉の本音――それはなんと、あの辛辣でキツい態度や毒舌の何もかもが建前で、本当の彼女は愛斗にべた惚れだったのだ! お互い両想いとわかって喜ぶ愛斗。解答付きの恋愛ならハッピーエンドなんて楽勝だよね! ということでさっそく告白をしたものの……断られちゃった!?
MF文庫Jが贈る、答えがわかっているのにすれ違っちゃう捻れ系青春ラブコメ開幕!
【電子特別試し読み】MF文庫Jライトノベル新人賞受賞作
「クロス・コネクト あるいは垂水夕凪の入れ替わり完全ゲーム攻略」
「ポンコツ勇者の下剋上」収録

みんなからのレビュー

  • スズ

    容姿端麗で成績優秀だが、手厳しい物腰が難点の生徒会長・氷室涼葉にとある出来事がきっかけで惹かれていた副会長の田島は、恋愛の女神に涼葉の本音を読み取る力を与えられ、涼葉も自分に想いを寄せていた事を知り告白をするが──「え、無理」(なんで断ってるの私はぁあああ!!)…涼葉は恋愛に関してはポンコツで…。田島が映画や買い物に誘っても素っ気ない涼葉ですが、心の中では田島への愛を爆発させまくりで、キツイ言葉を言ってしまった後は本気で凹んでしまう姿も可愛らしく、互いに両想いなのに中々恋人になれない二人の恋愛模様が面白い 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    美人で優等生だけど高圧的で毒舌の生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗が、ある日彼女の本当の気持ちが聞こえるようになってしまう捻れ系青春ラブコメ。愛斗にダダ漏れになってしまう涼葉の毒舌に隠された可愛らしい本音。これは楽勝と思ったら両想いなのに涼葉のあまのじゃくっぷりは斜め上過ぎて、何でそうなるのかツッコミを入れたくなる悪循環の連続で、それでもブレなかった二人の想いと遠回りしながらも踏み出したその一歩に、深い安堵というか生温かく見守りたくなりました。続刊あるならまた読んでみたいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ももつぼ

    あまのじゃくすぎる氷室さん、ギャップが可愛かったです(*^^*)まあ面倒くさいと言えば当然そうなるけど笑 両想いなのに最後まで付き合わないのかー、こうなると次巻が気になりますね!読んでいて思ったけど、私服がダサい設定のヒロインって個人的には新鮮だなと。そのおかげで服選びのイベントもあった訳だし、結果オーライ? 氷室さんは勿論可愛かったけど、リア充な砂城もゲーム好きな神様のナンナさんも魅力的でした。今月に2巻が発売みたいだし、楽しみです♪ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    突然好きな女の子の言葉の裏側を読み取れるようになったら、しかも両思いと分かったらどうするのか。これは天邪鬼な生徒会長と副会長の恋を描いた物語。心の中はデレデレだけど言葉はツンツン。素直になれない女の子と、彼女と付き合うために頑張る男の子の姿を描いた今作。正直ヒロイン涼葉の天邪鬼っぷりがくど過ぎる部分もありましたが、そのポンコツっぷりが逆に可愛くもあって中々良かったです。言葉の裏に隠してる甘〜い想いと付き合えない焦れったさ。そんな要素を楽しめるいいラブコメ作品だと思います。飴と鞭を同時に味わえるとか新しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ami*15

    毒舌ヒロインの主人公への恋心を知ると愛斗との付き合い方がまだまだ上手くない氷室さんのことを思わず応援したくなるようなお話でした。愛斗も氷室さんもお互いのことが好きで両思いではあるけれど、性格が関係を邪魔してしまう。更には愛斗に迫ってくるライバル?までも現れて、ドタバタしつつもじれっとしたテンポがクセになりました。氷室さんのギャップの濃いキャラも魅力的だったけど、他の女の子たちも強烈なキャラが多くて面白かった。個人的にはゲーム好きの神様、ナンナがお気に入りかな。続編が出るようなら読んで見たいところです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/12/25
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784040696157

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル