図書迷宮
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

図書迷宮

足掻いてください、あなたが人間足りうるために。
著者: 十字 静 (著者) / しらび (イラスト)
シリーズ:図書迷宮(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

あなたは思い出さなければなりません。心的外傷の奥に潜む父の仇を探し出し、奪われた名誉と失った魔法を取り戻すのです。吸血鬼の真祖(ハイ・デイライトウォーカー)の少女、アルテリアと共に。そのために図書館都市を訪れ、ありとあらゆる本が存在する図書迷宮に足を踏み入れたのですから。あなたには一つの大きな障害があります。あなたの記憶は八時間しか保ちません。ですが、方法はあります。確かにあるのです。
足掻いてください、あなたが人間足りうるために。全ての記憶を取り返すために。
第十回MF文庫Jライトノベル新人賞、三次選考通過の問題作、ここに刊行―――。

みんなのデータ

  • 52
    評価する
  • 45
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    全てが綴られる本を手に、失った記憶と父の仇を追い求める異色のファンタジー物語ここに開幕。色々とスゴイ。500頁という新人としてはあり得ないボリューム、凝りに凝ったギミックの数々、そしてこの物語に賭けた熱量。その全てが壮大であり、かなりの癖の強さを誇る今作。合う合わないがこんなにもハッキリと出てしまう作品をデビュー作から書き上げるとか、著者の才能の凄まじさを感じさせますね。この圧倒的な規格外感はとにかくすげぇとしか言いようがない。藪を突いたらとんでもない化け物が出て来た。そんな強烈な1冊。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    五年前に殺された父の仇についての真相を探る為に図書館都市に訪れた奥月綜嗣だったが、図書迷宮にて命を奪われるも吸血鬼の真祖であるアルテリアに眷属として命をつなぐも…と言う所から始まるお話です。学園パートが続く内は面白くも普通の作品と思っていましたが、記憶の改竄が始まってからかはグイグイと引き込まれていってとても面白かったです。ただ作品の性質上からか場面がよく飛ぶのでややこしくなる嫌いはありましたが。恐らくこの先は続かないとは思いますが、先の展開を想像させられる良い終わり方でした。次回作にも期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かわゆきか

    何か複雑でややこしくなったけど、面白かった。5年前の少年と少女?の出会いが物語の始まりという所が素敵ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • BUNBUN

    とりあえずめっちゃ面白かったです。先が全然読めずに、どうなるのかワクワクしながらどんどん読み進めるにことができました。設定もかなりしっかりしていたし、キャラクターもよかったです。 最後まで読み終わって本当に素敵な物語でまた読み返したい気持ちになりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    主人公の持つ魔法の本の視点から語られる二人称の物語。構成の素晴らしさが光る。復讐のために図書名急に訪れた主人公。吸血鬼、殺人鬼との遭遇。敗北。勝利。そして明かされる真実。後半、というか終盤の怒涛の展開。この熱量、個人的には結構好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/10/25
  • 定価
    858円(本体780円+税)
  • ISBN
    9784040683447

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK