ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7

TVアニメ4月より放送スタート!大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、最強ダンジョンファンタジー、第七弾!
著者: 大森藤ノ (著者) / ヤスダスズヒト (イラストレーター)
シリーズ:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫

新生【ヘスティア・ファミリア】始動! 『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新たに眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」 命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。「私はこの歓楽街に買われた身です」 そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。 『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』 これは、少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】── ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのデータ

  • 15
    評価する
  • 7
    読みたい

みんなからのレビュー

  • チェシャ猫

    ヘルメスとフレイヤが話しているシーンから、もしかして今回ヘルメスの企みかと思い読み進めると当たりで嬉しかった。やっぱり詐欺・情報の神様はこうじゃなくちゃ。ストーリも今回も後半の盛り上がりはさすがです。新しく入った仲間もチート能力を持っているし、ベルを含めチート能力のメンバーばかり集まってますね。ところで、イシュタルは本当にフレイヤに勝てるつもりだったんだろうか・・。Lv7が1人、Lv6が3人(かな)いるファミリアに対し、Lv5とLv4が一人づつなんて 一人をレベルブーストしても勝てるわけない・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    囚われの身となり、オラリオの歓楽街で娼婦として働かされている命の極東時代の友人春姫を救う為にベルと命がイシュタルファミリアと戦う話。いやぁ、今回はかなりの密度ですね。この濃さは確かに劇場版だわ。イシュタルファミリアに反抗する事の意味を知り、一度は逃げ出してしまったベルがこれまでの英雄を覆す為に春姫救出に向かうシーンは最高に燃えました。アイシャとの最後の戦闘も素晴らしかったです。無事仲間になった春姫は典型的な支援職なのでダンジョンで活躍する姿が楽しみ。次巻も期待してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S.T.

    面白かった!ってか、凄い!物語の毛色がこれだけ違っててもちゃんと面白いもの書けてるのが。序盤こそ、グレードアップしたホームの風景という冒険物でも特に好きな場面の一つを楽しんでたけど、不審な行動に出た命を尾行することで始まったのが、なんと歓楽街を舞台にした物語。ゲストヒロインがまさかの娼婦(半人前の“見習い”だったと判明するのは最終盤)で、この春姫を助け出そうと奔走するお話。今まで自分が知らなかった世界に心折れそうになるも、最後は春姫を救う“英雄”になってみせたベル。都市最強達も登場するなど見所満載だった! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    歓楽街で娼婦として働かされる狐人の少女春姫と偶然出会ったベルが、昔の友人だった彼女を放っておけない命とともに、その救出のため歓楽街を統べる女神イシュタルに挑む第七弾。神様たちの思惑や介入に色々と振り回されながらも、葛藤を乗り越えて真っ直ぐに向かっていくベルの決意と奮闘には凄まじいまでの疾走感と熱量があって、いつもより厚めな分量も気になりませんでしたね。今回もまたいろいろなことが明らかになりましたが、新たな仲間も加わった今後の展開に期待です。相変わらずなヘスティア様のダメ女神っぷりにも癒やされました(苦笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シータ

    春姫を助けるために動くベル君がカッコよかった。最後のアイシャとのバトルも熱かった。今回はファミリアの抗争があり、色々ドタバタ感あって終始面白かったです。それにしてもフレイヤ様が怖かったです。あとオッタルがLv.7とか、どんだけ強いんですかね……。それに加えてLv.6も何人かいるとかフレイヤ・ファミリア層厚すぎでしょ!最強やんけ!前回と今回、舞台が地上で繰り広げてましたが、正直ダンジョン潜るより面白いんじゃ……(小声)。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/04/30
  • 定価
    781円(本体710円+税)
  • ISBN
    9784797383119

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK