境域のアルスマグナ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

境域のアルスマグナ

「私はあなたの妻です」と、創造神(かのじょ)は言った。
著者: 絵戸太郎 (著者) / パルプピロシ (イラスト)
シリーズ:境域のアルスマグナ(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

鬼柳怜生・享年17歳。彼の生涯は双子の姪をかばって儚く幕を閉じた……はずだった。死者蘇生すら可能な力を手に生き返った怜生。世界を一変させる存在となった彼の、全世界を相手にした戦争が幕を開ける――!

みんなからのレビュー

  • まりも

    双子の姪を庇い17歳の生涯を閉じる筈だった怜生の前に、彼の妻を名乗る長い紅髪とグラマーな身体の見目麗しい蛇女が現れ、王としての人生を歩みだす話。最近人外系ヒロインが増えてるけど、主人公を絞め殺しちゃうヒロインとか新しいな(笑)王道なファンタジーに魔法技術による格差社会という舞台設定を加えた事で、単純なファンタジー作品には出せない面白さが出ていたと思います。物語の展開に勢いもあるし、一気に読めますね。確固たる信念を持った王たちがぶつかり合うバトルシーンは見応えもあって非常に良かった。次巻も楽しみな作品です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 765@リハビリ

    人と妖精が共に過ごす世界観。物語は主人公が殺されてしまうところから始まる。——良いセンスしてるな、って思いました。 初っぱなからいきなり主人公が生き返る、なんていう — — ご都合主義そのものとも思える展開を見せてくれたのに、それに対する理由付けが上手くて良かった。過去から未来に繋げていくモノがあるんだよって、良いスタート切ってくれやがりました。主人公の思想も良かったし、バトルもなかなか文句なし。次が出たら、是非読みたいですね。面白かったです。読了 https://is.gd/UNA5gM 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    科学と魔法、人と精霊が交錯する世界で死ぬ筈だった少年が蛇女な女神様に出会い始まる物語。―――操る力は命の力、交わす想いは自らの信念。何だこの最高に面白い物語は。控えめに言って最高、ファンタジー系の作品の新たな風を告げる福音となる作品である。王達は誰もが自分勝手、自らの信念に基づき天災が如く戦いを繰り広げる。そんな彼らが物語を紡ぐのは単純ではない一癖も二癖もある舞台。例え極悪と言われても、貫きたい意地と信念、想いがある。だから全てを賭けてぶつかり合う。新たな王となった少年の道の先とは。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 村人

    下半身蛇上半身美少女系ヒロイン……、モン娘属性があったとしても寝起きに下半身で絞め殺されるのは勘弁してくれ。王としての覇道を突き進むことを決意する主人公の芯の強さ、王の素質を有する人間の狂気ともいわれる怪物性、王の力を手に入れた主人公のハイスケールなバトル展開。キャラクターどうしの掛け合いもセリフ選びが妙に笑えてきて面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • メントスin鼻の穴

    最強のメインヒロインに選ばれ、創造神になっちゃった主人公のお話。蛇女の花蓮ちゃんカワイイよ!しかし主人公は殺されすぎで可哀想な気がしなくもない。冒頭から終盤までインパクトがあり、飽きることなく読みぬけられた、上質のラノベ。こういうのが好きなんだ! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/12/21
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784040687698

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル