天球駆けるスプートニク 未到の空往く運送屋、ネジの外れた銀髪衛精
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

天球駆けるスプートニク 未到の空往く運送屋、ネジの外れた銀髪衛精

その日、人類は空を失った―――。
著者: ツカサ (著者) / redjuice (イラスト)
シリーズ:天球駆けるスプートニク(NOVEL 0)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

西暦二〇三〇年。突如、現れた正体不明の『衛精【サテライト】』により、人類は199フィート以上上空の制空権を失った。そんな時代において、その高度を優に超え、誰よりも速く空を駆ける一人の運び屋がいた。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 11
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 佐島楓

    SF好きならゾクゾクする要素が多分にある。キャラクター的には、まだまだ、顔見せといったところ。ぜひ続編を。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    西暦二〇三〇年、突如上空に現れた正体不明の飛行物体「衛精」の無差別攻撃で人類が空を奪われた世界。低空飛行に特化させた飛行艇ULFを駆る運び屋タクロウと銀髪犬耳少女チェルシーの物語。チームを組まない訳ありげな青年タクロウと駄犬扱いの相棒チェルシー。彼らに託した想いのため危険と最速の限界を乗り越えようとする二人の物語は、明らかになってゆく彼らの過去や事情によってガラリと印象も変わりますが、メリハリの効いた展開やギリギリを攻め続ける飛行描写、二人を中心とする人間模様がとても良くてぜひ続刊を期待したい作品ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ソラ

    面白かった。最初はそうでもなかったけどチェルシーとイバのコンビも心地よくなってきた。飛行機乗るのは好きじゃないけど航空系の話は好きだしね。宇宙まで行くと…だけど 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たこやき

    突如現れた「衛精」により、人々は一定以上の高さを飛べなくなった。そんな世界で、その常識を打ち破り、運び屋をするタクロウとチェルシー。3編の連作短編なのだけど、物語の導入部を読んだ感じ。運び屋としての現状を描いた1編目。タクロウとチェルシーの出会い、過去を描く2編目。そして、大きな仕事の3編目、という感じで。1編目ではどういう関係なのかわからない二人が、過去、そして、で掘り下げられて意味が分かってくる。でも、その後もありそうで、また、その他の因縁も残って……状態。早く続編を出してください。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ist

    ノベルゼロ初めて読んだ。背表紙の設定に惹かれて。人類は突如上空に現れた衛精の無差別攻撃により、200フィート以上の高度の飛行を許されなくなった。そんな世界でも衛精の攻撃を避け、高度以上で飛行を続ける或るパイロット。タクロウのオリジン、謎の獣娘チェルシーとの経緯など、物語としてはスタートラインに立ったところな感じなので、できれば続きが読みたい。ルーファス・スペンサーの行動原理がよくわからなかった。タクロウ憎しの気持ちだけでここまでやれるか?最後の暴走といい流石に無理がある。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/11/15
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784042560395

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK