ブラパン!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ブラパン!

恋も友情も青春も、熱い拳ですべてが解決!? いつも口より先に手が出てしまう性格の亜弓は、コンビニでごろを巻く生徒についついパンチを食らわせてしまったのだが、そこに一人の男子生徒が現れ、遭ったばかりの亜弓に告白してきて――!?
著者: 笠原曠野 (著者) / Nardack (イラストレーター)
シリーズ:「ブラパン!」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

天海亜弓は、胸もデカけりゃ態度もデカい。そして絡まれるとつい、口で反論するよりも先に、拳が出てしまう性格であった。「ムカつくやつに我慢できねー。あたしにできんのは、殴ることだけだ」 高校デビューしたら拳は封印――。そう誓っていたのに、早くも失敗。「暴力的で誰に対しても口が悪くて、敬語も言えなきゃ謝ることもしない。そんな亜弓ちゃんが私は大好きだけどね。でも、もうちょっと柔軟に生きたほうがいいんじゃないかな」 親友の乃莉はそう進言してくれるが、どうすれば良いのか正しい答えが見出せない。 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなからのレビュー

  • 空箱零士

    ★★★★ 確かにコンセプト面で混乱はある。要するに不良もののノリで能力バトルをやりたかったのだろうが、能力バトル的コメディと不良もの的暴力描写がミスマッチを起こしている感は否定出来ない。というかイチイチセンスが古すぎる。正直テニスの蝶野とかマジでバカなんじゃねーかと思った。しかし曲がりなりにも不良もの独特の殺伐とした雰囲気を再現できたことはもっと評価されていいはずだ。不良たちの纏う空気も、警察の腐った・狂った人間模様も不良ものとして実に正しい。特に黒崎の基地外ぶりは『サイコメトラーエイジ』を彷彿とさせる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュエパイ

    スーパーノダが全てを持っていったような(笑)いやー、さすがは最強の名をほしいままにする子だ。敵は爆散とか、でも中の人(居ない)は平気とか、いいブラフっぷりだw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • セトロ

    随分と暴力にあふれた世界観で慣れるのに時間がかかった。その中で描かれている場面が転々としつつ収束していく感じは良かった。ただ、すごく個人的に言わせてもらうと、これ男二人のパートはいらんかったんや・・・そういうわけにも行かないけど、女の子三人でワイワイやってれば良かったんや・・・。(深刻な百合成分不足を観測した) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • dodonba

    6:腹パンというから腹パン期待していたのに。男主人公と女主人公がそれぞれ別個に動いていたのがいいところでもあり残念なところのような。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タカユキ

    いやーつまらんかった。異能が日常に存在する世界なのに対応が適当すぎるだろ… あとヒロインに惚れる男主人公の話し方がひたすら読みにくい。せっかく異能を持っててバトルさせるのに、やるのは単に殴り合いとは情け無い。結局どうして永続したか分からないままだし。本文中の説明で理解できた人いたら教えてほしい。どうでもいいけど、買って読むまでタイトルを「ブラバン!」だと勘違いしていて、ブラスバンド部の青春モノを期待していたのは良い思い出。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/03/31
  • 定価
    610円+税
  • ISBN
    9784797368390

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル