ゴースト・ギャロップ ‐蒼空の幽霊機‐
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ゴースト・ギャロップ ‐蒼空の幽霊機‐

誰よりも早く蒼空を駆ける幽霊機。その翼が運ぶのは栄光か、それとも――
著者: 富永浩史 (著者) / おぐち (イラスト)
シリーズ:ゴースト・ギャロップ(NOVEL 0)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

弱視を理由に軍を解雇された【撃墜王】ヴェロス。エアレースで日銭を稼ぐ彼の元に、無制限渡洋大レース「亡霊大騎行」開催の報と、伝説の「幽霊機」の噂が舞い込み――?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 佐島楓

    飛行機に魅せられた、ろくでなしの飛行機乗りとその息子の物語。気持ちのいい話だった。続編をにおわせるようなことがあとがきに書いてあったので、楽しみにします。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 曹佳

    現代より化学力が劣る世界での、エアレースの話。エアレースはあまり詳しくはないが(興味はある)、それでもレースのシーンは迫力あったし、面白かった。飛行機と共に生きた一人の男の人生。「幽霊機」の過去とかあったら読んでみたいな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    エアレースの話。あまり飛行機自体は好きではないけれど、話となるとなんか面白い。また親子という関係性も良かった。今後も続きそうで何より。今回の話の前も後も読んでみたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    軍を解雇されたエースの男が、かつて別れた自らの息子と、幽霊と呼ばれる戦闘機と出会い始まる物語。―――蒼空を駆ける、呪われし機体を相棒にして。曰くつきの、幾人もの操縦者との出会いと別れを繰り返してきた幽霊機。それを通し、その左右に並び父と息子、不器用な親子の二人は言葉を重ね、ぶつけ合う。止まった時は、空から墜ちる時。だからこそ男は道を進む事を止められず、不器用な息子はその背に魅せられその背を追う。唐突な別れの先、少年は父の言葉に背中を押され、自らの翼を広げ幽霊機と向き合い空を目指す。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たこやき

    なんていうか、「男って皆、いつまでも子供」みたいなテーマなのかな? かつての撃墜王ながら、今はエアレースで日銭を稼ぐヴェロス、そこに現れたのは、生き別れの息子・サウル。しかし、張り切るヴェロスだが、結果は……。途中からひたすらロクデナシになっていく父と、呆れる息子。でも、新たなレースを前に一緒に……という流れが非常に楽しい。勿論、終盤、レース(ってか、半分戦闘だけど)の迫力も◎。色々と世界観、世界設定については不明なところが多いのだけど……続く……んだよね? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/08/15
  • 定価
    825円(本体750円+税)
  • ISBN
    9784042560289

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK