ゾアハンタ- 7
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ゾアハンタ- 7

丈……本当のヒーローになって……。「言ったでしょ?」 レムレスの声は、どこか楽しげでさえあった。「なぜゾーンが東京を離れようとしなくなったのか、その理由」
著者: 大迫純一 (著者) / BUNBUN (イラストレーター)
シリーズ:「ゾアハンター」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

マンション爆発から数刻、目覚めた丈を待っていたのは、委員会による周囲1キロ四方の封鎖。そしてそこに集まりつつあるゾーンの群、という奇妙な状況だった。ゾーン対策委員会の不審な動き。「あなたはずっと重大な回答と一緒に暮らしていた」というレムレスが残した謎の言葉。全てがマンション─ゼロ地点─を指し示している。そんな中、大切な一言を伝えるため、マンションに戻った音緒は、レムレスと“彼”に遭遇する。「助けてよ!! 丈!!」 隠されていた真実が明かされ、音緒の叫びが届くとき、本当のヒーローが蘇る! 「ゾアハンター」衝撃の最終巻! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • shiro

    終始一貫した構成に脱帽。終わり方も、泥臭くなくて実にいい。著者のご冥福を心よりお祈り申し上げる 続きを読む…

    ネタバレあり
  • INN

    無事完結。最後まで丈は丈だった。満足。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ohagy

    シリーズ最終巻。あのエンディングは子供たちの言う通りの結末と考えて良い、のかな?個人的にはそうならない方が好みなんですが(笑)/行く末を見届けたいと望む物語と出会えること、その望みが叶えられること、二つの幸運について考えたり。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヤス

    読了。面白かったです。 終わってしまったんだなぁ、というのが正直なところ。 他の多くの作品とは異なり、ヒーローの内心まで掘り下げたうえでの完結だった。 多くは語れない。ただただ、終わってしまったんだなぁ、とだけ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 海村しゃんく

    正直な話、ある作品のノベライズを読んだ時の文章の酷さに辟易していて、ラノベには小説としての期待を抱いていなかった。ただ、尊敬する友人が誕生日に全巻を贈ってくれたので読み始めてから、どっぷりと世界にはまりこんでしまった。 文章はやはりラノベらしいところがあるが骨太で、内容も露骨に狙った萌えは一切なく燃えばかり、ヤングアダルト程若過ぎず、寒気のするようなハードボイルド過ぎず、自分くらいの年齢にピッタリの濃度で、ともかく最後まで面白く読めた。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/06
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784797354904

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK