ゾアハンタ- 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ゾアハンタ- 6

「ゾアハンター」驚愕の新展開! 「あなたも男なら……『黒川丈』なら、闘うことの意味を知りなさい」
著者: 大迫純一 (著者) / BUNBUN (イラストレーター)
シリーズ:「ゾアハンター」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

十三人の関根杏子――。丈が見た光景を端的に表現すればそうなる。だが、違う。なぜなら幼い彼女たちは、銀色の髪をなびかせ碧色の瞳を煌めかせながら、まるで戯れるかのように……人を喰らうからだ。「ゴースト、てめぇ……」 少女達を待ち受ける白いスーツの男に向かって、丈は呻くように呟く。「なにをやってやがる……」 「食べてあげるの、人間みんな」 応えたのはレムレスだった。ゴーストにそっと寄り添いながら、彼女は言葉を継ぐ。「人間の代わりに、あたし達が『人』になるんだもん」 二人の戦いが新たな局面を迎える! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ヤス

    読了。面白かったです。 6巻を手に入れるのにホント時間かかった。結局、この1冊を手に入れるのにコンプリートセットを買うことになってしまった。 さて、感想。 ゴーストの言葉の意味がついに明確化。このような結末になるとは全く予想していなかった。そして、6巻の最終シーンも予想外。これでホントにあと1冊なのってのが正直なところ。 最終巻は時間的にすぐには読めないけど、ほんと楽しみだ。 そして、このような作品を創る大迫先生が亡くなっていることが残念でならない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • INN

    ラストが物凄い。哀しいと同時に奮えた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タカシ

    丈の手術は成功するのかそれとも、物語は最終巻へ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • クロチ

    美咲の再登場に歓喜。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 武倉悠樹

    前巻からの引きの伏線によるドラマでこの巻は締め。正直、丈の葛藤やゴーストとの問答、またその対立構造に倦怠を感じなくは無いけど、次で最終巻だし、勢いで逃げ切って欲しい感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/02
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784797351736

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK