メイド刑事 7
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

メイド刑事 7

「名探偵には、助手がつきものですからな」 「翌朝までに、警視庁にも内密で殺人犯を突き止めて欲しい」 その夜、海堂が葵に出した指示は、突拍子もないものだった。ついに登場、執事探偵朝倉老人!
著者: 早見裕司 (著者) / はいむらきよたか (イラストレーター)
シリーズ:「メイド刑事」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

その夜、海堂の部屋に呼び出された葵は、ある屋敷で起きた殺人事件の捜査を命じられる。それも翌朝を迎える前に、警視庁にも内密に犯人を突き止めろ、という大難問。とまどう葵に、海堂が出した指示は、執事の朝倉を探偵として送り込む、というとんでもないものだった。だが当の朝倉老人は、「名探偵には、助手がつきものですからな」と余裕綽々。 執事探偵朝倉がミステリーマニアの犯した犯罪を暴く、「マニアック? 殺人事件 朝倉老人の華麗な推理」をはじめ、幼い頃の海堂が伺える「負けるな大家族!黒須姉妹再び」 そして黒須姉妹最後の一人が登場する「オフェリアよ眠れ……最凶の敵出現!」の3本を収録。 絶好調シリーズ第7弾! 「悪党ども、冥途が待ってるぜ!」 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • くろねこよぎる。

    朝倉老人が華麗に推理を披露する話が好き。執事探偵シリーズ化してくれないかなあ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真林

    ラスボスを前にした小休止といったところでしょうか。朝倉老人による小気味好い推理や、幼い海堂が世話になった元メイドの窮地を救う話。短いながらも濃密な人工知能との話などはなかなか印象深いです。これまでとは一風変わった短編三本でしたが、いい感じに楽しめました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユイ

    好きなだけでおたくと呼ばれたくはない。執事探偵・朝倉誕生。はしないらしい。最凶の敵は誕生した。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひかど

    朝倉老人の華麗な推理はいつもとは違う内容で面白かった。さくら夫人も良いキャラでしたが、朝倉老人も良いキャラしてますね。黒幕が動き出し、物語が終幕に向かってますが、葵がどうやって黒幕を叩き潰すのかが楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • radish

    あくまでこのペースで話が進む訳ですね。いい意味でマンネリで安心して読めます。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2008/07
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784797349245

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK