メイド刑事 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

メイド刑事 4

指名手配……凶悪殺人犯・若槻葵 巨大な陰謀により、警官殺しの濡れ衣を着せられてしまった葵。外界から隔絶した奇妙な街・姉尾での逃避行、そして反撃が始まる……!
著者: 早見裕司 (著者) / はいむらきよたか (イラストレーター)
シリーズ:「メイド刑事」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

意識を取り戻した葵の目の前には姉尾県警・神原警部補の死体が横たわっていた。そして彼女の手には血まみれの出刃包丁が……。「この社会で最も大事なものは“秩序”だ。弱い者、道を外れた者は、すなわち負け犬。そいつらを守る義務を、私は感じていない」 葵の脳裏に、姉尾県警・桜木本部長の台詞が傲岸な響きとともに甦る。葵は、はめられたのだ! 日本で最も犯罪発生率が低い奇跡の県、姉尾。だがその実体は、桜木が権力と恐怖で住民を縛り、不穏分子は『黄金の剣』と名乗る暗殺集団に排除させるという歪んだ独裁社会であった……。メイド刑事若槻葵、絶体絶命のピンチ! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    今までの巻が1時間ドラマするならこの巻は劇場版という感じかな。あまり前に出てきてなかった御主人様が意外にも強くてビックリした。個人的には短編のほうが好きやな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真林

    長編一本とこれまでと打って変わった構成。県警本部長桜木によって、警察が支配するディストピアとなっている姉尾。その背後で暗躍する、これまでの殺人にも関わってきた暗殺集団「黄金の剣」。嵌められて追われる身となった葵。舞台が一つの県と規模が大きく、今までにないピンチに追い詰められていく緊迫感が。そしてその逆境を覆していく一連の展開は最高に盛り上がる。一巻丸々使うからこその強弱がはっきりした波がそこにはあって。面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • radish

    ピンチピンチの連続で見せ場はたっぷり。まさに王道の展開で次巻に続く。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひかど

    いつもとは違い話が一つしか無く、ドラマでいくと拡大版と言った感じでした。そのためか、今回の敵は今までに無いくらいムカつく敵でした。ピンチになりながらも腐った奴らを検挙する場面はスカッとしました。しかし、今回は今まで余り目立たなかった御主人様がいいところを持っていきましたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 根雨一郎

    久しぶりに続きを読む。うわぁ、相変わらずの“ほどほど”な面白さ。たまらんわぁ……。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/03
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784797341416

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK