緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑

英雄になれなくても、誰かのための勇者になれる。
著者: 相沢沙呼 (著者) / so-bin (イラスト)
シリーズ:緑陽のクエスタ・リリカ(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔術の才能がからっきしな少年、ジゼル。《識者達の学院》を自主退学した彼が目指すのは、冒険者だった。手始めに冒険者の集う酒場へと赴いたジゼルだったが、とある事件に巻き込まれ依頼を受けることに……。

みんなからのレビュー

  • ダイ@2019.11.2~一時休止

    解説にあるように相沢さんがラノベを書きたくて書いた作品らしい。王道モノでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひめありす@灯れ松明の火

    経歴ももう十分でファンもしっかりついている作家の方に言うのも申し訳ないのですが、男の子がオリジナルの必殺武器を『見て見て!』って誇らしげに見せてくれるような、少女達がノートに書きためているような、とても初々しくてまっすぐなライトノベルでした。随所に光る太もも描写は流石。決して強くないし、これからもそんなに強く離れないだろう主人公ジゼルが、それでも知恵と勇気と剣を奮って戦っていく様は清々しくて、『頑張って!』と応援したくなりました。きっと彼は策士向きだと思うので、これからも沢山仲間を作っていく所を見たいです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    相沢さんの初MF作品。魔術師学校を自主退学し、冒険者になる事を決意した少年と冒険者の少女が出会う事で動き出す物語。面白かったです。作者さんお得意のエログロ描写の安定感だけじゃなく、一人の少年の成長譚としても十分楽しめるお話でした。大した力を持っていない主人公が最後まで諦めることなく、必死に戦おうとする姿は読んでいて胸が熱くなりますね。最後の最後まで、主人公の力が並以下っていうのが良い味出してて良かったと思うキャラクター、世界観も魅力的だったし、次巻も期待したい、そんな1冊でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    落ちこぼれだった魔術師学校を自主退学し、冒険者を目指すジゼルが姉を探す少女の依頼を受け、途上で多くの襲撃者と戦っていた少女・アルミラージを助太刀し、事件に巻き込まれてゆく物語。優しく困った人を見捨てられないジゼルが出会ったアルミラージもある組織を追っていて、それらがひとつに繋がってゆくミステリ要素もあるファンタジー。著者さんらしい登場人物たちと緻密に作り込まれた因縁、それらをうまく絡めて作られていくストーリーには大きなポテンシャルを感じました。まだ始まったばかりの物語ですが、登場人物たちの成長に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 西郷レビュアーズ 裏オプVer.

    作者とイラストレーターの両方の方に以前から興味があったのでこれを期に読んでみました。正直、主人公の言動にイラッとする描写が多々あって読み進めるのが大変だったというのがありますが、最後まで読んでみると、どうも始まりに至る物語のようなのでそういった意味でなら彼の青臭さも許容出来るのかなと思えてきます。続きが出るなら、彼らの成長した姿が見てみたいです。あと、作中のアルミラージが縛られるあたりの描写は作者GJと言わざるを得ないと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/10/21
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784040679433

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル