競泳戦隊ミズギ-ズ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

競泳戦隊ミズギ-ズ 2

著者: 舞阪洸 (著) / 黒銀 (イラスト)
シリーズ:競泳戦隊ミズギーズ(ガガガ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

出動せよ!全員競泳水着を着たままだがな。

自分を変えたい女子高生・神楽岡藻琴は転校先の雨乃宮学院女子高等学校で、思いっきり自分の殻を破ろうと決意する。百合的アプローチを繰り出してきたり、エロ同人に詳しかったりする友人もできて、新しい一歩を踏み出そうとしていたが、なぜか競泳水着のまま授業を受ける水泳部員に興味を持ってしまったことで、奇特な高校生活開始のゴングが…!
今ここから、競泳戦隊ミズギーズ・ミズギーズイエローとしての変わりすぎた日常が始まったのである。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ドル箱

    さてと、酷評いきましょう。これは「小説」ではありません。単なる同人作文で、起承転結も無ければ、オチもありません。すごい「作家」とガガガ編集部の行く末も早く潰れた方が良いかとコメントしましょうかねぇ~。たまに「プロローグ」が長い「小説」も存在しますが、続きを読ませるオーラも無ければ、読もうとする「希望」すらありません。作家さんに一言「小説の書き方」ではありません「小説の読ませ方」を勉強した方が良いでしょう。久しぶりに「核地雷」踏みました。「切り」確定です。アホらしくてコメントするくらい億劫ですが・・・・ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    シリーズ物で、「○巻までは我慢して読め、そっから先が面白くなる」ってのは良くあります。スロースターターなんでしょうね。本シリーズも、きっと20巻ぐらいまで我慢すれば面白くなるのでしょう(最上級に希望的観測)。前巻で何も活動しないまま終わってしまい、さすがに今巻は動きがあるかとおもいきや、なにもしない内にライバル登場。はああああ? と思っていると、50GGGPくらいひたすら水着の機能の説明。バトルしながら、その中でさり気なくとかいうレベルではなく、座学。ガチの座学。箇条書きとかしちゃう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • pomota

    全体的に説明や、敵らしき人物たちの暗躍がちらっと描かれて終わりでした。萩野と藻琴の会話とか、ミズギーズの活動や活躍などが読みたかったです。実質、活躍らしい活躍してないまま、次の巻へ(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 野良猫みかん

    ヤマがないなぁ。プロローグばっかりやってる感じ。あるいは週刊誌のコミックが単行本になった時みたいに進まない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ken

    読んでる際中はそんなに悪くないかな、と思ったけど読み終わって少し経つと、どうなんだろうこれ?、って感じに。話が始まってもないのに早くもライバル登場ってのは戦隊物系と言うよりは戦隊物の日常系で攻める気なのかしら。相内さんのキャラは中々良かった。「相内さんの日常」みたいなので短編が読みたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/04/23
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784094513370

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK