救世主だった僕が三千年後の世界で土を掘る理由 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

救世主だった僕が三千年後の世界で土を掘る理由 2

人間滅亡の真相を追って、人造人間の少年とケモミミ少女たちが土を掘る!新世界の本格考古学ファンタジー第2弾!!
著者: 有丈ほえる (著) / ちょこ庵 (イラスト)
シリーズ:救世主だった僕が三千年後の世界で土を掘る理由(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

人間の生き残りとの死闘を乗り越えた、人造人間のリュトと考古学者のニナ、アイル。戦いの末に、世界中から地表を覆っていたヘドロが取り払われ、発掘可能な領域が広がった。千年前に謎の勢力と交戦し姿を消した伝説の勇者・サイトバル将軍の足跡を追うことになった一行。英雄か、反逆者か。調査が進む度に、歴史の彼方の将軍の姿が玉虫色に変わっていく。そして現代に蘇る千年の陰謀――。考古学ファンタジー第2弾!!


人間の生き残りとの死闘を乗り越えた、人造人間のリュトと考古学者のニナ、アイル。戦いの末に、世界中から地表を厚く覆っていたヘドロが取り払われ、発掘可能な領域が広がった。アカデミーからの依頼で、千年前に謎の勢力と交戦し姿を消した伝説の英雄・サイトバル将軍の足跡を追うことになった一行。新たな仲間、箱入りお嬢様のキトラを迎え、古戦場跡、谷間に隠れた“発掘村”、そして突き止めた将軍の墳墓へ。英雄か、反逆者か。調査が進む度に、歴史の彼方の将軍の姿が玉虫色に変わっていく。そして現代に蘇る千年の陰謀――。愛する人と守るべき世界のために、再び救世主が土を掘る! さらなる大スケールで紡ぐ考古学ファンタジー第2弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    アカデミーからの依頼で伝説の英雄を調査する中、思いもがけない真実が発掘される今巻。―――真実は過去を掘り起こし、全ては始まりへと集う。 戦場跡、謎を秘めた発掘村、そして衝撃の真実が眠る墳墓。英雄の筈だった将軍の真実が、全ては終幕ではなく始まりだった事を告げる今巻。世界は確かに広がった、だが埋まっていた真実は更なる事態の予感を告げる。謎の少女は宣告し、リュトは道に思い悩む。嫌な予感の拭えぬ中、打開策はどこに埋まっているのか。ここで終わると残念至極、是非真実を発掘してほしい。 期待を込め次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ

    面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぱんがいあ

    正直、取材が足らん。 小道具として考古学を思いつくのはいいと思うが、思考の展開に考古学手法が使われているとは言い難い。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK