異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 11
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 11

TVアニメ絶賛御礼! 演技の魔王、ついに王城へ
著者: むらさきゆきや (著) / 鶴崎貴大 (イラスト)
シリーズ:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

MMORPGクロスレヴェリのトッププレイヤー坂本拓真は、異世界に召喚され、魔王ディアヴロを演ることに!? シルヴィと一緒に指輪を入手して(とある店の無料権とは関係なく)王都を訪れる。ところが、魔術学園の騒動を解決するときに目立ちすぎた。王宮騎士に連れられ、とうとうリフェリア王の前へ。依頼を引き受け、南方を訪れるディアヴロたち。そして、そこはレムの故郷で……!?


MMORPGクロスレヴェリのトッププレイヤー坂本拓真は、異世界に召喚され、魔王ディアヴロを演ることに!? 
シルヴィと一緒に指輪を入手して(とある店の無料権とは関係なく)王都を訪れる。
ところが、魔術学園の騒動を解決するときに目立ちすぎた。
王宮騎士に連れられ、とうとうリフェリア王の前へ。そこで高らかに宣言する。
「我が名はディアヴロ! 異世界より来た魔王であるッ!!」
依頼を引き受け、南方を訪れるディアヴロたち。
そこはレムの故郷だった。
生家の稼業を彼女は断じる――「たんなる、ヤクザです」
やがて世界を震撼させる魔王(演技)が、絶対的な強さで突き進む異世界冒険譚、第十一幕!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    とうとうリフェリア王と面会したディアヴロたち。南方を脅かす魔物退治を依頼され、獣人族と知り合いになったり、レムの故郷で彼女の叔母に出会ったりする第十一弾。何とも後ろめたい思いで指輪をすりかえるべく二人と再会したディアブロでしたけど、叔母さんとの一件もいろんな意味で危うかったりで、因果応報というかなるべくしてなった結末というか(苦笑)意外な才能を見せたレムの複雑な想いに、相変わらずコミュ障対応で向き合ったディアブロはそろそろ何とかしないと感もありますが、今回の対応で王国側との関係がやや難しくなりそうですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    王と謁見、そして王の依頼を受けレムの故郷へ向かうシリーズ第11弾。ディアヴロさん年上女性に弱すぎませんかねぇ。レムとシェラがいるのにレムの叔母とえっちぃ事しちゃうとか、ディアヴロの理性と下半身の流され体質度合いがスゴい。嫁の実家に帰って嫁の叔母とそういう事してしまうとか控えめに言ってもなかなかのクソ野郎やな(苦笑)その結果があのオチ。果たしてディアヴロさんの明日はどっちだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    学園騒動で目立ちすぎ、急遽リフェリア国王と謁見する事になったディアブロは、国王から依頼を受け王国南部カリュティアを来訪するが、そこはレムの故郷でもあり……。迫害を受けるコボルト達への狩りを行うデブ領主の陰湿さが嫌な感じで、ガルフォードやラムニテスとは違った異質な感じが。最近エロさにも拍車に掛かりまくっていて、まさかのフェ〇まで……一体どこまでいくのかこの夜の魔王様は。ディアブロに守られる事の多かったレムのあの土壇場での新フォームと覚醒には目を見張り、ゲイバルトの最強召喚獣も容易く打ち砕く破壊の拳が凄かった 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子書籍】王城でシェラ、レムと再会したディアヴロは、国王から野獣討伐のクエストを受け、南方新地カリュティア市へ。そこで分かり合うことができない人間と獣人の間での、種族差別に端を発した騒乱に巻き込まれ…。レムの来歴が明らかになる今回。色々なことを抱えこんでずっと心に蓋をしてきたレムと、自分の感情がよく分からないディアヴロの悲しいすれ違い。しかし、国王への反逆を経て辿り着いた新境地で、レムは自分の本心と向き合い、ディアヴロと真の夫婦として一緒の道を歩むことに。国に反旗を翻した魔王たちの行く末が気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    王との謁見したディアブロだったが毎度お馴染みの言動で冷や冷やさせられる。王の依頼を受け野獣討伐へと向かうのだが、そこはレムの故郷であり。更には板ばさみにあうディアブロのとった行動とは・・・な巻。ディアブロやっぱり年上でグイグイ押してくる人には弱いよな。新たな技術を身につける事に成功し、レムも魔王の力を覚醒させることが出来戦力的には大幅アップしたな。ノアが結構怪しい存在なんだがどうなんだろうか?次巻の初っ端はシェラとの絡みからか。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK