こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。

著者: 清水苺 (著) / シソ (イラスト)
シリーズ:こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。(講談社ラノベ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

浅井悠馬。エロいもの大好きで成績優秀だがクズを自認する彼は偶然、学園祭のクラス演劇主役に選ばれた。拒否ろうとするもクラスの中心人物、荒川唯に説得され――「あんたをスクールカースト頂点に立つ男にしてあげる、だから……」劇の練習そっちのけで唯たちのグループと行動し始めた悠馬。次第に唯の見た目と全然違う純真さとひたむきさ、そして抱える秘密を知り……ダメな青春を《再定義》する覚醒系クズキャラ青春コメディ!

みんなからのレビュー

  • よっち

    成績優秀だがクズを自認する浅井悠馬が偶然クラス演劇主役を演じることになり、幼馴染の明日香とともにクラスの中心に君臨する荒川唯のグループに巻き込まれてゆく青春ラブコメディ。行動をともにする機会が増えてゆく唯の見た目とは全然違う純真さとひたむきさ。少しずつ惹かれてゆく悠馬が知ってしまった唯のらしくない秘密。何ともほろ苦い気持ちを抱えながら、それでも彼女のために奮闘する悠馬の姿は心に響きましたが、だからといって頑張れば報われるとは限らないのが現実で、そんな迷える彼らの行く末を続巻でまた読んでみたいと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    清水先生が遂に開花するのか。これまでの作品ではこれが1番。今までの作品に比べてキャラが生き生きしていて楽しかった。今まではキャラが記号みたいに配置されてるだけだったんだよな。そして、ラノベとしては珍しい展開で続きが凄く読みたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かわゆきか

    分かりやすいベタな設定と強引な展開が、少女漫画の世界みたいで面白くもあり、なんだか照れ臭くてむず痒い感じ。ああ、この作家さんはコレでした。漫画だったらきっと読まないなぁ。でも、最後まで読んで面白かったので意外といける、かな?自分にとっては新鮮な感じ。でも主人公、最低辺ってわけでもなかったと思うんですけど。荒川さんとは中途半端に終わったので、続きがあって良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    成績優秀、だけど捻くれた非純粋な少年が劇の主役に任命され、クラスの中心に生息する少女に出会い始まる物語。―――純粋じゃないからこその光がある。青春は変化である、青春とは成長である。誰もが純粋ではいられないのかもしれない。だからこそそんな者達が持つ輝きは時に何よりも強い輝きを持つ。片思い同士の想いが交錯する、青春のど真ん中を突っ走るこの物語は、青春の迷走、暴走、そして成長がこれでもかと盛り込まれており、それ故に心躍らせられる魅力的な物語である。この青春の疾走の先に待つ物語とは。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • avalanche

    ライトノベルというより少女漫画的なノリ。嫌いじゃないです。主人公より教師がクズなのがまぁお約束というかなんというか。作者は大人に対して何か恨みでもあるのかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル