逆道の覇王戦記
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

逆道の覇王戦記

著者: 空埜一樹 (著者) / 植田亮 (イラスト)
シリーズ:逆道の覇王戦記

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

かつて異世界アラムヴェルトに召喚を受け、世界を救った黒瀬亮真は、ある日「二度目」の召喚を受ける。しかも亮真を召喚したのは、自身が滅ぼした帝国の皇女・アイリスで…!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 晦夢

    かつて異世界に召喚され世界を救い英雄となった亮真は、再び異世界に召喚される。そこにいたのは亮真が滅ぼした帝国の皇女アイリだった。再び召喚された世界で帝国を復興させるために他国に協力を求める旅が始まる。戦記とは書いてあるが戦記感はまるでない。とにかくアイリが可愛い。逆道とは言いつつ王道な展開だが悪くはない。次巻も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    悪くはないが、ネームバリューからする期待値よりは低かった。ははあ、ファンタジー版ワイマールドイツを復興させる話か、と思いきや、結構無理やり魔神とか出てきてバトる話に転がっていく。荒廃した帝国とか、隣国では廃された第一王子がウロウロしているとか、反体制派が湧いたりの政治劇にもってこいな舞台なので、ソッチ方面に持っていけば盛り上がるのに……徹底的にそのあたりのリアリズムは出さずに、緩いラブコメ風味の味付けを選んでいる。もともとラブコメ重点で行くつもりの作品のようだ。頭を切り替えよう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    主人公の設定がガバガバなのを気にしなければ楽しめる。魔王を倒した英雄が、倒した魔王の娘を助けるのは矛盾してる様な気もするが良いと思う。イラスト買いだったけど十分楽しめました。マンゲツのキャラが好きです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いーた

    「尤も(もっとも)」読んでいてうんざりするくらい、この言葉の使い回しが多くて不快感を覚えました。設定は面白いとは思うけど、物語や登場人物に新鮮さもなく、魅力に乏しく、地の文や会話など文章力は素人に毛の生えたような印象は拭えませんでした。積読崩して読んだ結果がこのような感想で残念でしたが、この先巻数を重ねて、良化することを願ってます。とりあえず、積読されている続きを期待せずに読んでみたいと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    かつて異世界に召喚された少年が自らが滅ぼした国の皇女に呼ばれ国を救うために立ち上がる物語。・・・確かにあれだよな、滅ぼした国にもその後の未来っていうのはあるよな。それを救うためにはかつての味方が敵になるかもしれないって・・・割とこれ、難しいんじゃないだろうか。てかどこの国にも謀略がありそうで怖いな・・・ヒロインとしてはやはり積み上げているものがある分ガーネットが優勢なのではないだろうか。頑張れアイリス。それと喋る鎧のマンゲツがいい性格をしていると思う。 旅は始まったばかりなので次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK