パラケルススの娘 10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

パラケルススの娘 10

すべて終わり……そして僕らは、生きてゆく。壮大なるマジェスティックファンタジー、キャラクター総出演で贈る感動の最終巻!
著者: 五代ゆう (著者) / 岸田メル (イラスト)
シリーズ:パラケルススの娘(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

<魔術師シモン>に最後の反撃をしたクリスティーナ。それは彼女自身の死を意味していた。遼太郎はクリスティーナを救おうとするが、なすすべもなく、次に目覚めたときには〈非在境〉にいた。クリスティーナはかろうじて生きていたが、同時にシモンがまだ存在していることを知り、遼太郎は傷ついた身体に鞭うって、最後の戦いへと旅立つ。「本当に世界は救うべきものなのか」――根源的な問いに対し、美弥子、和音、ジンジャー、アレックス、シヴィル、リース警部、霧月、サー・マクスウェル――さまざまな人々の助けと祈りを胸に、遼太郎の出した「答え」とは……!? 壮大なるマジェスティックファンタジー、キャラクター総出演で贈る感動の最終巻!

みんなからのレビュー

  • REV

    バ(略)大人気だなw / 銃姫、イコノ、そしてこの作品と、MFJはなんだかんだいって、骨太な(?)作品を着実に完結させているよな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 結城あすか

    結末に2巻も使ってるんだから、この作者特有の怒涛の大団円も少しは緩和されて緻密に描かれるのかと思ったら、巻数が増えただけ怒涛の長さが増えてるだけにょ。序盤から中盤まであれだけ緻密に周辺背景が描かれているのに、終盤になった途端に阿鼻叫喚だけが視野を支配し、背景描写もくそも無くなってしまうのが相変わらず酷いところにょ。ま、怒涛は怒涛でこの作者の味といえば味なんだけど、いつもなら怒涛の後はあっさり終わってるのに、変に余韻を残してるとことがらしくないというか、書き慣れてないという雰囲気があるにょ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 吉兆

    それぞれが成長し克己した結果が結末に至り、綺麗に決まった。変にラノベっぽくならないで良かったよ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kitten

    あとは、話を閉めるだけ、という感じの10巻。 もちろん、ドラマはあるんだけれども、すべての材料は 出尽くしていたから、予定調和の10巻ともいえる。 (さすがに、ここからもう一波乱とかされると、  10巻では終わらないだろう。w) 最後になってみると、遼太郎が大化けしたなぁ、と。 いや、そうでないと話にならないんだが。w ただ、もう一回読みたいかと言われると、ちょっと、、かなぁ。 話が壮大すぎて。(苦笑)  他に読むものがなくなれば、また何か手を出すかも。 シリーズ全体評価:星2 続きを読む…

    ネタバレあり
  • (●▲●)とらうまん(*^◯^*)

    完結。シリーズ購読開始時は内容にはさほど期待してなかったぶん、終盤以降でこれほどの力作に化けるとは……ちょっと切ないエピローグも含め、大好きなシリーズになりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2010/08
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840134842

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル