誉められて神軍 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

誉められて神軍 2

著者: 竹井10日 (著) / CUTEG (イラスト)
シリーズ:誉められて神軍(講談社ラノベ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

とある事件により、一夜にしてファンタジー世界へと変貌した現代日本――割拠する勢力のひとつ、軍事国家・新宿市国の准将、御神楽零は《誉めて伸ばす能力》を駆使することで、誰もが一目置く存在と化した。零率いる御神楽旅団の遠征中、「新宿市国で叛乱発生」の報が届く。叛乱の首魁捕縛のため進撃する御神楽旅団、向かうは《茨城》――エルフの住まう深い森にて、零と千歳、萌たちが出会った《古代エルフの遺跡》の秘密とは!?

みんなからのレビュー

  • nawade

    ★★★☆☆ クーデター騒ぎに巻き込まれ、身の振り方の選択を余儀なくされた零。叛乱討伐のためエルフの国に向かうは天空に向かうは最後に富士帝国に向かうは大忙し。出向くところが多ければ、それだけ知り合うキャラも多くなり、幕僚がドンドン増えるは(もちろん全員女子)、敵味方も増える。最大の苦難がまもなく訪れるとあったが、最後に相対する富士帝国は最大に強敵になり得るのか?そんな戦局よりも、零の教育方針をめぐるお姉ちゃんvsバブみの対立の行方の方が気になる。でも、本心で向き合えてない分、ゼネットが不利か? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    叛乱鎮圧の為、茨城に向かう中、新たな敵が姿を現す今巻。―――新たな仲間、新たな牙。そして立ち上がる最強の敵。新たな仲間が多数加わり、エルフの国で戦う今巻は少しの穏やかな日常の先に、世界の謎の一端と天敵とも言える敵が姿を見せる巻である。零の行方不明の両親がこの世界の謎に関わっているのか。この世界はどうして変容したのか。様々な悪意が蠢く中、幾人もの想いが交錯する中で感じる叛逆の予感は現実になるのか。一気に世界が広がる中、未だ世界はその全てを見せず、行く先はまだ霧の中、零はどこに進むのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 不自他

    嫌な上司2人がいなくなってスッキリ。 零くん良いっすね。モテるのも分かる。でも恋愛に興味無さすぎ(笑) 富士帝国の雷帝、好感持てます。戦い終わったら味方になってほしい。 序盤に出てきたアイドル吟遊詩人はどうなるんだろう。仲間になったら萌さん大喜びだろうな。素の性格も気になる(愛藤四菜、吟遊院芹香みたいなオモシロ性格なのだろうか、それとも真面目系?) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 彼方

    クーデター関連に武器の調達、魔人との講和や富士帝国の宣戦布告とシリアスな出来事がありつつも新たな仲間達が加わり大分ゆるめな第2巻。いつも通り安定感はありますけど既にヒロインが10人位いるせいでさすがに捌ききれてませんね…後半萌や特に火倶夜空気すぎる…ゆる度もUPし個人的には1巻のバランスが好きだったので準備回な理由もありちょい失速してしまった感じかも。締め的に割と早めにファンタジー化の謎が明かされるのかな、話が進むのは楽しみなものの先にもう少しヒロイン達を掘り下げてほしい所ですが…ともかく次巻も期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 物心

    エルフの住まう茨城へ。ダークエルフの女子高生とは…。とりあえず今回の北関東遠征で初期戦力は整ったという感じなんだろうか。ボスクラスも出てきたし、ファンタジー化をどう捉えているかという命題も出てきたし。誰が敵になるかわからんな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル