彼女がフラグをおられたら 冥土の土産よ、最期に卒業式のことを教えてあげるわ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

彼女がフラグをおられたら 冥土の土産よ、最期に卒業式のことを教えてあげるわ

世界を救うため再び仮想世界に身を投じた颯太は、懐かしい日々を過ごしたかの地にて囚われの身となるが……!? シリーズ堂々完結!
著者: 竹井10日 (著) / CUTEG (イラスト)
シリーズ:彼女がフラグをおられたら(講談社ラノベ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

世界を救うべく、元凶たる《グリモワール》へとダイヴした颯太。孤独な戦いの果てに颯太が辿り着いたのは、死亡フラグに怯える自分を癒やしてくれた少女達と過ごした、あの《仮想世界》だった――懐かしい場所での毎日は順調に過ぎて、次第に颯太は《現実世界》に生還する意欲を失っていく……この仮想世界には「彼女」がいないのに、だ!! そして迎えた卒業式当日、颯太に巻き起こった驚愕の出来事とは!? シリーズ堂々完結!


破滅へのカウントダウンから世界を救うべく、元凶たる《グリモワール》内の仮想世界へとダイヴした颯太と親友ギルガメス。孤独な戦いの果てに颯太が辿り着いたのは《第83462仮想世界》――死亡フラグに怯える自分を癒やしてくれた少女達と過ごした、あの懐かしい場所だった。心ならずも去った日々が再び始まり、順調に時は過ぎてゆく……進級、出会いと別れ、後輩の登場――喪われたはずの毎日が颯太を満たすにつれ、次第に颯太は《現実世界》に生還する意欲を失っていく……この仮想世界には「彼女」がいないのに、だ!! そして迎えた卒業式当日、颯太に巻き起こった驚愕の出来事とは……!? 史上最高最大のクライマックス、シリーズ最終第16巻!

みんなからのレビュー

  • Yobata

    グリモワール内の「暗黒の夢の卵」を浄化するためギルガメスと仮想世界へダイブした颯太。しかし詰めを誤り闇に取り込まれた颯太が辿り着いたのは安寧を生んでくれた仮想世界の彼女たちのいる世界で、その温かい日常に取り込まれて行き…。がをられ最終巻。仮想世界に現実世界の二つの世界の間を舞台に各英雄などが現れと幅が広がったがをられだけど、「東京皇帝北条恋歌」よりは大風呂敷にはならなかったねw再び辿り着いて再会した仮想世界のクエスト寮の彼女たちと過ごす安寧の日々に帰還を忘れ,安住してしまうも、帰りを待つ現実世界の→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 2匹のニャンコ世話担当

    かなり広げた風呂敷をキレイに畳んだ。ハーレムで締めず、颯太の深層に眠る前世の記憶の欠片とダブる菜波を離さない決意を示したか。諸々のケリをつけるのに、茜たちも仮想世界へ飛んで、見事にヒロインズとヒーロー?(←恵)が仮想世界の人格を取り込んじゃうとかで、完結。さすがに最後のあの笑顔は良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リプトン

    堂々完結! 彼の心を救ったあの仮想世界で再び彼女たちと過ごす日常は偽りなんだけど幸せに満ちていて、また、そこから救ってくれたのも現実世界の彼女たちであり……。この物語は本当に優しさと温かさで満ち溢れていて感無量な最終巻でした。現実世界も仮想世界も同じぐらい大切で変わらないものがありヒロインたちがいたからこそ、颯太もがんばれたのでしょう。好きだったこの雰囲気をもう味わえないと思うと寂しいですが、登場人物たちは今後も楽しく幸せに過ごせるだろうと確信できるような大団円で満足! 最高に面白く楽しいシリーズでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    仮想世界で戦う中、かつて過ごした世界で卒業式を迎える最終巻。―――彼女のいない世界、彼女がいる世界。果たして颯太が選ぶのは。最後まで一人で世界を救おうとして偽りの安寧に呑まれる颯太。だが彼を最後に救ったのは今まで共にいた少女達であり、彼女達がいたからこそ颯太も戦えたのだろう。仮想世界でも現実世界でも、変わらないものがある。だからこそ最後まで走りきれた。全てを終え現実に戻った颯太を待つのはどんな未来か、それは誰にも分からない。だけど皆と共に進む限りなく広がる無限の未来なのだろう。 うん、最高に面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ご主人様見習い

    仮想世界の女の子達と再会して数年間暮らすのは予想外だった。 最後に現実と仮想の同一人物が同化したので片方の女の子が寂しい結末にならなかったのは高評価。 みんなと付き合うのかと思ったら女の子をひとりだけ選んで付き合うのも予想外だったな。本妻、愛人、妾とかいろいろやりそうだったし。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル