コンクリ-ト・レボルティオ 超人幻想
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

コンクリ-ト・レボルティオ 超人幻想

星野輝子のお見合い大作戦! ところがなんでそれが超人課存亡の危機に!???
著者: 鐘弘亜樹 (著) / BONES (原作) / 會川昇 (原作)
シリーズ:コンクリート・レボルティオ 超人幻想 星野輝子のキケンなお見合い!(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

神化43年。星野輝子は料亭の一室で正座をしていた。薄い黄色の地に梅の模様が散った着物を纏った輝子はお人形のよう。しかしその顔は、げんなりした表情を浮かべている。そう! 今日は輝子のお見合いの日だったのだ(ウルに騙されて)。
ところがお見合い相手の超人たちは、街を壊すは本人は壊れるわひとクセもふたクセもあるとんでもない連中ばかり。そして頭を抱える輝子の前にとんでもないニュースが流れこんで来た。いよいよ超人課存亡の危機!? 
アニメ『コンクリートレボルティオ』公式オリジナル小説登場!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • METHIE

    井上敏樹の娘さんなのでないかと言われる彼女のノベライズ第四弾。アニメコンレポで見られる悪く言えば説教臭くて辛気臭さは一切なくよく言えばテーマに対して真摯で視聴者に教えをとこうしている点はない。お話はサブタイまんまで児童文学的てはあるが同時進行で連続殺人事件が起きるのは彼女の作風か。そろそろ作風も確立したので彼女のオリジナル作品が読みたくなってきた所存。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シャル

    コンクリート・レボルティオの外伝的オリジナルストーリー。あくまで世界観を共有することにとどまる『超人幻想神化三六年』とは異なり、完全なコンレボ本編の外伝である。魔女っ子星野輝子のお見合いと、その裏で巻き起こる事件の物語。構成的には本編のように時間軸があちこちに飛んだりすることもないシンプルな物語であり、輝子の事件を追いかける形となる。超人化はあくまでおまけで、輝子の日常と過去、そして世界に焦点を当てるのは外伝ならではだろう。黒幕の思惑と最初の事件の関連性や、それを踏まえての妹の心理や行動なども面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 彼方

    コンレボ公式スピンアウトノベライズ、輝子の妹が悪の魔術師に利用され大事件に…なお話。うーん…個人的には色々雑に感じて微妙な出来だったかな…ローネが唐突に操られていたり爾郎が照れすぎだったりは違和感ですし決戦でも超人課勢揃いなのにロック解除までしたり輝子が剣を使ったり…盛り上げたいのはわかりますが敵が信じる正義もなく力を求めるだけの悪役なので全く心に響かない…。イラストも過去のシーンだろうに何故か輝子の見た目が2期バージョンだったり変身してなかったりと食い違いが、公式なのに同人のような作品で残念でしたね…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 不以

    意外と素直な話だった 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 篠笛

    異性が二人もいる状況でチョコボールを鹿のフンと言おうとする爾朗先輩の未成熟な情緒で十分笑ったけれど平成の世には奈良の鹿のフンチョコとか猿の鼻くそチョコとかもあるので意外とそういうメタなところも含めたギャグシーンだったのかもしれない(本編10話での携帯灰皿のような21世紀でしか描けないレトロフューチャー作品として) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK