ふぉっくすている? 6本目
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ふぉっくすている? 6本目

ほのぼの妖怪スクールコメディ・感動のフィナーレ!
著者: 冬木冬樹 (著者) / 犬洞あん (イラスト)
シリーズ:ふぉっくすている?(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

風邪をひいた凪をナース服で看病(?)する橘だが、火車や木花、鵺たちもやってきて騒々しい。そもそも火車がやってきたのは殺生石について話をするためだという。ぬらりひょんが集めていた殺生石は妖怪の妖力を吸い出して溜め込む習性を持ち、呪具として身につけた者の妖力を強化する力がある。火車や鬼九条が暴走した際に強力になったのもこのためらしい。しかし橘たちの看病合戦の的になった凪は風邪を悪化させてしまうのだった。そんな折、橘の元婚約者だった狐の須磨が現れる。波乱の中、凪は――!? ほのぼの妖怪スクールコメディ・感動のフィナーレ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真林

    橘をメインヒロインとして最初書いていたので変更はできなかっただろうけど、やっぱりほかのヒロインの方が魅力があったシリーズだった。あとがきを読んでみると、どうやらこのシリーズはオチをはっきりと考えていなかった模様。しかもヒロインは刊ごとに交代制にするつもりだったらしい。そのせいか、うまくまとめ切れてなかった感じが。大体今までの話から想像はできるのだけれど、きちんと書いてほしかったところがある。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たくぞう

    最後までメインヒロインよりもサブヒロインの方がキャラがよかったな。ゴスロリお嬢様な火車とか、いい意味で何考えているかわからない藤紫とか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 偽猫

    最終巻。割と気に入ってたシリーズでした。そしていい終わり方でした。橘可愛いんだけどもっと描写が欲しかったなぁ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • メロン泥棒

    完結。人間としてという部分にこだわった良いエンディングだった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 悠久彼方

    九尾の話だし、9本目がラストかな、と思ってましたがこの巻が完結編。良いエンディングだったと思います。徹頭徹尾傲岸不遜だったヒロインというのもなかなかに珍しいのでしょうか? ただ、その傲岸不遜さは『生まれと育ちの環境故に甘え方を知らない』からなのでしょう。分かりにくいながらも、終始デレていましたし、どうすれば、想いが伝わるのか悩みに悩んでいる姿も、徹頭徹尾描かれていたような気がします。――ところで、コレってラブ『コメ』なんでしょうか? 割とシリアス面が占めている気がしたのでコメディって感じではない様な気が。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/02/29
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840143943

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK