七つの大罪 セブンデイズ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

七つの大罪 セブンデイズ

”妖精王の森”と呼ばれたブリタニアの森で、バンはエレインと出逢う--。あの名作外伝が原作者公認小説となってより詳細に登場!
著者: 岩佐まもる (著) / 鈴木央 (原作)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

妖精王と呼ばれた兄が姿を消してから700年。少女はたった一人でその神樹の『生命の泉』を護ってきた。時には盗賊、時には軍隊から。数々の別れを経験して、彼女の涙も枯れ果てた頃、一人の青年が『生命の泉』を求めて現れた---。原作コミックでも描ききれなかったあの「7日間」を原作者鈴木央の協力を得て、小説にて完全再現!


ブリタニア北の大地にその森はあった。人々の進入を樹木そのものが拒んでいるような、その場所。そこは『妖精王の森』と呼ばれていた。
妖精王と呼ばれた兄が姿を消してから700年。少女はたった一人でその神樹の『生命の泉』を護ってきた。時には盗賊、時には軍隊から。
数々の別れを経験して、彼女の涙も枯れ果てた頃、一人の青年が『生命の泉』を求めて現れた---。
原作コミックでも描ききれなかったあの「7日間」を原作者鈴木央の協力を得て、
小説にて完全再現!

みんなからのレビュー

  • りむ

    学校本。エレイン可愛い!バンカッコいい! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Riju

    原作未読で、アニメのみの視聴。それでもある程度の人物と関係性さえ知っていれば原作未読でも読めると思うが、全く知らない人にはちょっとついていけない部分があるかも。ストーリーはエレイン視点。そのため、バンに関してというよりも妖精界の状況やエレインの兄がなぜ森から出て行ったのかなど、エレインの心境が書かれたものでした。あくまで原作の補完、ストーリーの補完という感じで単体としては、ちょっと物足りない。個人的にはエレイン視点だけにせずに、バン視点からもあればもうちょっとお互いの気持ちの変化が見えて面白くなったかと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 尚希

    期待したほどには中身はなかった…のは、まだまだ明かせない話があるからなんだろうな。キングの記憶喪失も解らないし、そゆとこぼかすとこうなるのだろう■エレインがどんな子なのかはよく判ったし、妖精界のバックグラウンドも少し垣間見えた。あくまでフォローの域を出ない。そのへん承知してなら読んでもいいのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちい

    七つの大罪の中でも特に好きなキャラのお話だったので文庫化には歓喜乱舞でした。エレインの人間に対する心情が詳しく書かれていて、バンくんに対する思いがどれだけ強いか改めて感じれました。惜しむらくは、バンくん視点の心情やお話がもうちょっと読みたかったこと!お互いが大切に思い合う姿に二人の幸せを願わずにはいられません。バンエレに幸あれ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなた

    ふうぅ…いちゃつきやがって… というかもっといちゃつけばよかったよ… 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル