クロックワ-ク・プラネット 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

クロックワ-ク・プラネット 3

「……止めないで、おねえちゃん」 コミカライズも好評連載中の大人気ファンタジー第三弾!
榎宮祐 (著) / 暇奈椿 (著) / 茨乃 (イラスト)
シリーズ:クロックワーク・プラネット(講談社ラノベ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

“巨大兵器”が放った電磁場が、あらゆる時計仕掛けを否定する。自動人形も、全身義体も、区画・秋葉原さえも帯磁し静止する中、ただ人だけは一〇〇〇年前から変わらず、変われず、蠢き続ける。保身、欺瞞、虚偽、理想――空転する閣議と、国家非常事態宣言。“人々の総意”による破滅を前に、ナオトは嘲笑う。「行こうぜマリー、邪魔する奴は全部ブッ潰せばいい――!」


――全部、全て、何もかも、壊れた。
死んだ地球のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界――
“巨大兵器”が放った電磁場が、あらゆる時計仕掛けを否定する。
自動人形も、全身義体も、区画・秋葉原さえも帯磁し静止する中、
ただ人だけは一〇〇〇年前から変わらず、変われず、蠢き続ける。
保身、欺瞞、虚偽、理想――空転する閣議と、国家非常事態宣言。
“人々の総意”による破滅を前に、ナオトは嘲笑う。
「行こうぜマリー、邪魔する奴は全部ブッ潰せばいい――!」
現実は空想を超える! 今一度、あの奇跡を証明しろ――!
榎宮祐×暇奈椿×茨乃が紡ぐオーバーホール・ファンタジー第三弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    秋葉原に出現した巨大兵器が放った電磁パルスで、あらゆる時計仕掛け・自動人形達が停止してしまった絶望。そんな中でも迷わず自分がするべきことを行動で示すナオトの本質に気づいたことで、もう無理だと諦めかけていた天才マリーもついに覚醒しましたね。女装したりプロポーズしたりノリノリなナオトも本来の力を引き出せるようになって、ついにお互い才能に嫉妬し渇望していた二人の天才が並び立つ展開。カッコイイオヤジキャラたち、可愛いアンクルとリューズたちも加わり織りなすストーリーはスピード感があって良かったです。次巻も期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    やっぱりクロプラ最高。巨大兵器が動き出しあらゆる時計仕掛け、自動人形達が停止するという絶望的な状況でも現実から逃げずに自分に出来る事をやるナオトとそんなナオトを見て覚醒するマリー。お互いが相手の事を羨ましく思い嫉妬し合っていた二人が成長するシーンやオッサンたちの渋さとリューズとアンクルちゃんの頑張りが合わさることで最高にカッコいい展開になっていました。ナオコとアンクルのお買いものや正妻リューズと癒しの部分も完璧。神の領域に入った二人に黒幕の登場と次巻もすごく楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • チェシャ猫

    逆転につぐ逆転でちょっと疲れてくるぐらいに状況が変化しまくりです。二人の覚醒のシーンは激熱でした。互いの才能に嫉妬、羨望しながら、お互いを高め合う二人。ところで、リューズは一体どんな将来を見ているんでしょうか?ナオトとマリーの関係に嫉妬する様子も余りないし、アンクルが二人を父母に見ているところからも、二人がくっつくことを望んでるんでしょうか・・・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    マリー覚醒・アンクルが無茶をして叱られる事となった第3巻。マリーが踏み込んだ世界…ナオトに「聴こえて」マリーに「視えて」いる物が今まで常識と思っていた「不正解」に比べて些細な違いであったのは凄く面白い話だな、と思いました。そこに絶望するか可能性を見出して奮い立つか、と言うお話だったのではないのかな…と思いました…w さて、今巻から新キャラとして今後味方になってくれそうな逢子様や、Ωと言う分かりやすい黒幕が出てきた事で次巻以降どうなるか楽しみです。今巻の中で結構カッコいい所を持っていったのは唐沢さんだと…w 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    秋葉原に出現した巨大兵器の電磁パルスにより、あらゆる時計仕掛け,自動人形達が停止しリューズ,アンクル,ハルターが機能しなくなってしまい絶望にくれるマリーだったが、ナオトは決して止まらない。アンクルを仮面で操り、リューズ達を傷つけた巨大兵器に一矢報いるため次は皇室を狙う?そんなナオトを見てマリーも覚醒する…。これは最終巻になっちゃうのかな?電磁砲,電磁パルスなど歯車に影響を及ぼすため条約で禁止された技術を搭載した巨大兵器“八束脛”によって東京はおろかアジアや世界をも巻き込むクーデターにより絶望の淵に→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 世界一可愛いラノベヒロインのお話。
    ぎんちゅうが作成したまとめ世界一可愛いラノベヒロインのお話。で紹介されています。
    2

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK