瓶詰魔法少女地獄
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

瓶詰魔法少女地獄

魔女である先輩、長南雨衣佳と僕、三田村黒犬によって計画された「魔法少女絶滅計画」は、魔法少女と魔女の壮絶な戦いを経て、魔法少女は魔女を目指していき、その手助けをする、という形で進められることになった。その活動の一環として、雨衣佳は「地上最強の魔法少女」であり黒犬の幼なじみでもあるほのかとともにDJを
務める魔法ラヂオにて「魔法少女身の上相談」を行っていた。この企画に、ある相談が持ち込まれる。そこには「史上最強」の魔法少女が関係していて――。
著者: 安藤白悧 (著) / kyo (イラスト)
シリーズ:魔法少女地獄(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

〈受賞情報〉講談社ラノベチャレンジカップ大賞(第1回)

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • garth

    章題がこんなんなってるんですが http://ow.ly/i/20iMi 危惧どおり前巻で話が終わってるんで、何も進展がない感じになってしまいました……まあラノベ的になってるんだとも言える。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ma-no

    「まどかマギカ」的な平成の魔法少女、「魔法使いサリー」的な昭和の魔女っ子(と書いて、クトゥルフの邪神のように『ディープワン』と読む)、そしてなんだかよくわからない中世的な魔女。三つ巴の魔法大戦です。相変わらず古い小説のパロディが満載で、たのしめました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シンヤ

    ニッチだな。前巻より読みやすくなったかな、個々の描写のネタの振り方や展開・構成が上手くなった気がします。ストーリーもわかりすくなったかなと思います。が、一方こじんまりとして異色だった持ち味、勢いがやや落ちてしまったかなとも。そして相変わらずネタが古くて濃くて狙ってる層がわからんな。前巻同様パロネタが濃すぎて、本編が翳ってる感が否めません。そしてネタのチョイスが、「一般的なラノベ読者層(中高生)」に当て嵌まらなさすぎてる感がします、僕も拾いきれず見逃してる箇所が多々あるかも。ニッチで異色だけどいいんじゃない 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ■■■(伏せ字)

    今回は登場キャラを絞ってちゃんとお話を書いた感じ。 でもやっぱりフックになるものがなくてつるーっと終わってしまった印象です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    #ラノベ ほのかちゃんがうざ凶暴かわいいなあ。前回のような怒涛のネタ盛りはなかったけど、青春ものとしてもなかなかよかった気がしますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK