魔法使いなら味噌を喰え!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔法使いなら味噌を喰え!

著者: 澄守彩 (著) / シロウ (イラスト)
シリーズ:魔法使いなら味噌を喰え(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「魔法」の存在が明らかになってから、約100年。人類は科学に匹敵する「力」として、魔法の研究にまい進した。しかし、魔法抑止物質「MISO」が発見されたことで、「魔法」は、特別なものではなくなり、ただの一技術として扱われることになった――。それはそれとして、魔法学校に通う高校生・八丁屋将太が朝、味噌汁を味わっているところに乱入してきたのは、魔法発祥の地・マジエールのお姫様で――。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 中性色

    豚の味噌漬け。設定の面白さとは別として、その設定を考慮するために時間が費やされてしまった感が否めないか。味噌に関してはほぼ味噌汁だけであとは空中散布(?)ぐらいしか出所がない。今後もっと味噌料理が出てくるのならいいんだが、ちなみにカツは味噌カツ派 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KUWAGATA

    斬新なタイトルと平凡な内容。これ、講談社ラノベ文庫の初回大賞作品なんんですよね? 大丈夫か、講談社? 面白いという意見も結構あるみたいですが、私的には厳しいです。スッカスカの背景描写、スカしてるくせに友人を身代わりに立てたりと、共感できない主人公、盛り上がらないバトルシーン、何をとっても及第点とは思えません。カバもなあ…、気をてらいすぎって感じで痛いなあ…。もうね、アルが可愛かったので、それだけでいいです。二巻以降は、「アルと魔法と味噌煮込みうどん」。そんな感じの日常系でお願いします。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュエパイ

    あぁ味噌……味噌良いよね…ご飯さえ炊いてれば、味噌汁とノリの味噌まきで晩御飯を誤魔化せるもの……(と考えながら読んでました)。しかしまぁ、味噌によって救われる世界か……この世界なら、今の私でも魔法使いを目指せるんじゃ・・・いいなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ねこのみー

    溢れんばかりの味噌への情熱をムダに感じさせるラノベかと思っていたが、そんなことはなかったぜ。大賞が獲れたってのはなんとなくわかる気がする。盛り上がりそうで盛り上がらない話だった。内容覚えてないけど。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    味噌の設定だけは一発ネタとして良かった。それ以外は良くも悪くも普通のラノベといった感じ。それだけに、文章表現などまだこなれていない部分が目立ってしまう。特徴が無いので、次回作に期待しても凡作しかでて来ないのではと心配。同時リリースのセクシャルハンターの方が一点突破的に突き抜けている分、あっちが受賞作だよ、と言われると信じてしまうかも知れない。このレーベルの方向性はまだ見えないが、こういった定番路線で行くのであれば、ランチェスターの法則と逆を行く無謀な戦いになるのでコケる危険性が高いんじゃないかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK