ふぉっくすている? 5本目
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ふぉっくすている? 5本目

こいつは私のものだ。ぜんぶ私のものだ! ほのぼの妖怪スクールコメディ!
著者: 冬木冬樹 (著者) / 犬洞あん (イラスト)
シリーズ:ふぉっくすている?(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

鬼絡みの問題も一段落、と上機嫌の橘。九条が地獄に戻る際「気をつけろ」と言い残したことで一抹の不安を抱く凪。二人のもとにまた奇妙な輩が現れる。九条がいた鬼の組織から狙われているという妖狐の木花だ。橘はしばらくぶりに触れる同族の木花に気をよくして、護衛を引き受けるのだが、人間らしい生活を教えようと先輩ぶって張り切りすぎる。凪はまた新たな厄介ごとになるのではと困惑するのだが……? ほのぼの妖怪スクールコメディ!

みんなからのレビュー

  • 無銘

    学園妖怪ラブコメ5巻目。妖狐の木花を預かることになった凪・橘だが、橘は成長しているようでいて全く成長していないなぁ… もうこの駄目さ加減が味としか。木花が狙われる理由や橘の実家絡みの事情など、不穏な要素が未解決のままなのでこの巻だけでは消化不良気味。次で完結のようだが、どう締めるのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    冬木冬樹先生(@fuyuki_fuyuki)の作品。新ヒロインやバレンタインネタをいれながらも、一巻通じて凪の決断と悩みを書いていた気がする。さあ、次巻どうなるんだろう? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たくぞう

    木花に関わる問題、解決してなくね?飛縁魔の胸チョコとか火車の婚姻届もなんかうやむやにされたし、消化不良感が半端ないわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 伽達真林

    金髪眼帯幼女といろいろ要素が詰め込まれた新キャラ木花登場。この子が次回の最終巻に深く関わってくる模様。というか、五巻は六巻との上下巻構成なのね。話が完結してないと曖昧さが一層浮き彫りになる。ただ謎が多いだけなんだけど。シリアスになったらなったで違和感があるけど、日常だけっていうのも問題が残るっぽい。難しいな 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 碧花音

    シリーズ5本目、新たに木花が登場。彼女自身が殺生石とはどういうことか。はたしてぬらりひょんが率いる神変会とはどういう組織なのか? そして赤染はそこにどうからんでくるのか? 色々と疑問が尽きないが作者がどう伏線を回収していくか楽しみだ。そして須磨の存在。 あとはやはり橘が今回も飛縁魔に妙な知識を植えつけられてましたね(笑) そしてなんといっても犬洞あん先生の美麗なイラスト 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/11/05
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840142656

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル